ネタバレ注意!漫画「王ドロボウジン」が素晴らしい理由 | このマンガが目に入らぬかっ!- 漫画のネタバレ・レビューサイト

「王ドロボウジン」というマンガが素晴らしい理由

この王ドロボウジン今から20年以上前にコミックボンボンという少年コミックで連載されていたマンガです。

ボンボンはゲームやアニメキャラクターを中心としたマンガが多い中、連載が始まった王ドロボウジンは完全にオリジナルで、他の有名キャラクターの活躍やヒーローの戦いやギャグなど、少年誌ならではの作品とは違う、王ドロボウジンは当時としては異色の作品だと感じていました。

ドロボウというジャンルで、初めはよくあるお宝を盗む話かと思って読んでいたら、違う事に気づき、それからクールで軽快なこの作品に一気にハマっていきました。

この作品は知ってる方があまり多くないと思うので、是非とも多くの方に知ってもらいたい素晴らしい作品です。

そこで、僕が感じた素晴らしいという理由を伝えたいと思います。

王ドロボウジンが他のマンガ、普通のドロボウのお話とは違う部分と面白さを以下の○点にて紹介したいと思います。

  1. 王ドロボウジンは金品宝石だけではなく、時間や夢、人間の欲などを盗む。
  2. 相棒である鳥のキールとの関係とやり取り。
  3. 登場人物達の会話が逸品。
  4. 細かい所まで描き込まれた画力はまるで絵画のよう。

漫画「王ドロボウジン」の盗むものは時間や夢、欲など形のないもの

王ドロボウジンは宝石やレアな品などを目的とする場合もありますが、物語の中で盗むという時間や夢、欲など、一体どうやって盗むのか?
という事も面白さの1つになっています。

作品自体が現代の人間が出てくる話ではなく、ファンタジーというのもあり、多少ご都合主義的な部分はあります。

しかし、トラブルに巻き込まれた王ドロボウジンがそのトラブルを解決する時の盗む理由と盗む過程は、読むと、なるほどそうやって時間を盗んだのか!となり、爽快感抜群です。

時の都という遅刻だけで死刑になってしまう時間に縛られた都市で、王ドロボウジンはすべての時計を止め、時間のクサビから町の人々を開放します。

盗む事で人々を幸せにしていく所も印象深いです。

漫画「王ドロボウジン」相棒である鳥のキールとの関係とやり取り

王ドロボウジンには常に一緒に盗みを働く仲間、相棒である鳥のキールがいます。

キールは何故か人間の女性が大好きで、綺麗で可愛い女性ならところ構わず口説き始めます。

かなりお喋りなキャラクターで、王ドロボウジンは無口ではないですが、大切な事のみ話すので、対照的な2人です。

キールは体を変形させて王ドロボウジンの腕にくっついて口から強烈な光弾を吐き出す「キールロワイヤル」という技を使います。

ドロボウ家業には敵や悪者が現れて邪魔をするので、そういう奴にはこの必殺技でやっつけます。

漫画「王ドロボウジン」登場人物の会話が逸品

王ドロボウジンに登場するキャラクターは敵であろうとセリフがオシャレです。

例えば敵に命を狙われたときにジンが言うセリフ。

「じゃあかわりに肉ちょうだいよ!そこにタップリとあるゼーニクをさ!」

や、相棒キールのジンへのセリフ。

「さすが哺乳類というだけあって…人間は乳離れが遅いね!」

これは敵である夢の王、カンパリのセリフ。

「夢は第二の人生と申します……さすれば……人生などというものは夢の前座……しかも退屈きわまりない前座芝居なのかもしれません……」

など、これ以外にも印象深いセリフ、考えさせられるセリフや単に冗談半分なセリフなど、軽快でクールなセリフがたくさんあります。

漫画「王ドロボウジン」細かい所まで描き込まれた画力はまるで絵画のよう

この王ドロボウジンの物語は最初は冒険活劇のような感じでしたが、連載が進むに連れてメッセージ性が強くなってきて、テーマが深くなってきます。

それに伴い、キャラクターだけでなく、背景や冒頭の話の舞台を描いている絵の書き込みがとんでもなく緻密になってきます。

まるでアメコミのようなテイストで素人でも息を飲むくらい細かい所まで描いてあったり、色彩都市という色を題材にした物語の舞台の最初のページに、都市の一枚絵が特別に色も使って描いてありますが、それはまるで絵画のようです。

緻密に書き込んであるので、どうしても人によっては好き嫌いが出てしまいます。

コミックボンボンという少年誌の枠を超えた作品だったと思います。

ネタバレ注意!漫画「王ドロボウジン」が素晴らしい理由まとめ

王ドロボウジンが主人公とはいえ、バッグストーリーはほとんど明かされません。

王ドロボウジンも魅力的ですが、それと同等に登場人物達が魅力があり、王ドロボウ以上に活躍したり、心に残るキャラクターが多数います。

毎回、1つの舞台に1人必ず女性が登場し、物語の重要な役割を担います。

それはジンガールと呼ばれ、目玉の1つになっていて、性格などキャラクターも毎回違って、そちらの楽しみもあります。

王ドロボウジンは見た目は普通の少年ですが、王の名の通りキチンと盗みを完遂するクールでスタイリッシュなキャラクターは未だにマンガを読み返す大好きなキャラクターであり、大好きな作品です。

BSでアニメとして放送されたり、OVA作品も出ているので全てではないですが、そちらでも王ドロボウジンを見ることができます。

関連記事:ネタバレ注意!高田裕三が生んだ名作漫画「サザンアイズ」のススメ

関連記事:漫画「ダンジョン飯」は冒険ものの漫画に飽きた人におすすめ!

関連記事:ネタバレ注意!原作家土塚理弘の漫画「マテリアルパズル」の魅力!


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ