「孤独のグルメ」のほっこり感…なんだってんだ?こんな漫画初めてだ | このマンガが目に入らぬかっ!- 漫画のネタバレ・レビューサイト

♥ライターちゆゆんです♥

⇒なぜかトリコになる!?「孤独のグルメ」無料立ち読み♪

【孤独のグルメ。おじさんがブツブツご飯に文句言ってるだけの漫画(笑)】

立ち読みで気になったので、ツイ買ってしまったナゾの食マンガ。

あまりの抑揚のなさに、なぜかハマってしまいます。

こんなに”盛り上がりに欠けるマンガ”って、初めて見たかもしれません。

読んでて、なんの感情の起伏も起きない。それがかえって斬新です。

ただ食材やメニューの細かい描写があって、

それについて40代のおじさんがオオマジメに文句を垂れたり賞賛したり。

それのみで構成されている、異色中の異色・食マンガ。

k2

なんでしょうか、この絵柄が妙にツボなんですが・・・。

「黄昏流星群」みたいな、ちょっと劇画寄りの顔立ち。

そして、すごくキマジメに自分の空腹具合について、几帳面な解説をはじめます。

「焦るんじゃない 俺は腹が減っているだけなんだ」

どうしてこの人はいつもこんなにシリアスなんでしょうか?

こんなセリフもあります。

「俺はまたも空腹を抱えて歩いている」

いつも空腹なんですね(笑)。独り言まで几帳面で笑ってしまいます。

 

k4出典 http://booklive.jp/bviewer/

ふつうなら瞬時に判断するところで、めんどくさい悩み方をはじめる主人公。

料理メニューについてこんなに逡巡するとは、タダモノではありません。

でもこのメンドクサイつぶやきを読んでると、心が和んでくるんですが・・・なぜ?

この「孤独のグルメ」というマンガ、「なぜだか分からないけどホッコリする」という評価が多い。

どうやら独特のテンポと、ほどよい脱力感、へんなコダワリなどがあいまって、

解説不能の魅力を醸しだしているようです。

⇒なぜかホッコリする・・・?「孤独のグルメ」無料立ち読み♪

【けっこう文句が多い?冷静なのかイラッチなのか分からない主人公】

k5出典 http://booklive.jp/bviewer/

「岩のりが・・・多い・・・どう使えばいいんだろうな 丼に対して」

岩のりとご飯の分量についてこんなに真剣に悩む人、見たことがありません。

万事、この調子でストーリーが進んでいきます。

たま~に”奥深い語り”も混ぜてきたりするんだけど、キホンは食べ物のことで頭がイッパイ。

食事について「うん、うまい!」と素直に褒めることも多いけど、

k6出典 http://booklive.jp/bviewer/

2つのメニューで「さざえ」がダブってしまい、真剣に後悔し始める主人公。

ちょっと悔しそうにしている表情がなんともツボります。

ぱっと見、穏やかで冷静なキャラかと思いきや、

「これぞ」という食材のときに期待ハズレとなると、くどくどと心の中で文句を並べる。

淡白なのか粘着なんだかよくわからない人柄が味わい深いです。

⇒食するときの擬音も妙にハマる!「孤独のグルメ」無料立ち読み♪


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ