なぜジャギは北斗兄弟に選ばれた!?兄弟で唯一《卑怯》な男。 | このマンガが目に入らぬかっ!- 漫画のネタバレ・レビューサイト

【ずっとナゾに思ってきた「ジャギ」の存在。リュウケンはなぜ・・・!?】

♥ライターちゆゆんです♥

ずっと不思議でした。ジャギの存在。

卑怯なくせに、北斗神拳の伝承者に選ばれた男のことです。

てか、リュウケンはジャギの何をもって「跡継ぎにしよう」と思ったのか。

「ほんとリュウケン、見る目ないわぁ・・・」ってのが、私の最初の感想でした。

まぁ、北斗の拳自体、わりとテキトーなやっつけ設定で作られたマンガらしいので、

そういう細かいツッコミはどうでもいいのかもしれない。

でも、イチ読者としては気になるワケです。

「なぜなの?リュウケン!」と問いつめたい衝動を抑え切れません。

かりにもリュウケンは、あの北斗神拳の伝承者たる者。

なのに、跡継ぎ選びに大失敗しちゃった上に、兄弟で殺し合わせる大事件に発展させちゃって・・・。

「すべての争いのタネは、リュウケンの養子選びの失敗から来てるじゃない!」

と思うわけです。

リュウケンの人をみる目さえ間違ってなければ、北斗の覇王争いはもうちょっと穏やかだったはず。

まぁ北斗の拳の中には、海のリハクのように「目がフシアナ」キャラもけっこう多い。

そういうミスキャラ設定が、北斗の拳のオモシロストーリーを作っているといっても過言ではありません。

【ダークヒーローにするには卑怯すぎる。ジャギ様の図太さを見習いたい】


 「俺の名を言ってみろ!」と異常に自己顕示欲の強いジャギ様。

そのステキキャラゆえに、一定の人気を誇ってはいますが、

北斗三兄弟(=もとは四人だった)の中に最終的に入れてもらえてな。泣けてきます。

ってか、ほんとリュウケンの人をみる目のなさはひどいです。

でもね、リュウケンもいちおうは考えたらしいんです。

「このジャギのずる賢さ、機転は使い物になるやもしれぬ・・・」と。

だから、(ちょっと特殊キャラだけど養子にしてみるか)と、プチトライアル的な感じでジャギを養子に。

結果、それがのちのち致命的な選択ミスになるとも知らずに・・・。

主役のケンシロウすら、ジャギの卑怯さによって危うく死にかけたりしたんですよ。

その責任は重いよ、リュウケンさま!

【ケンシロウとジャギのやり取り~冷静ケンシロウvs感情的ジャギ】


「なぜ武器を使う?北斗神拳を使わぬ?」byケンシロウ。

ごもっともです。

いちおう強いはずのジャギなのに、なぜか武器を多用している。

とにかく卑怯なあの手この手で、ケンシロウをぶちのめします。火攻めとかで。

男の風上にもおけない、こんなのが北斗神拳の伝承者とかシャレになりません。

 

でも、なぜだか憎めないジャギ様です。私は少なくともスキ。

卑怯も度合いが過ぎると、好ましくなるいい例ですね。

単純におもしろいのがいい。「卑怯上等ヒャッハー!」な感じがなんか世紀末っぽいし。

ただ、顔のキズは痛ましいです。直接ボルトを打ってるとかわりとワイルド?

でももしキズがなく、本人の申告どおりイケメンだったら・・・とか想像するとちょっと切ないです。

あの”頭のキズを隠すためのジャギヘルメット”を思うと、「ああ、コンプレックスだったのね・・・(涙)」と同情を誘います。

でもそれ以外のところで、同情の余地ナシ!だって卑怯だもん。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ