「火の鳥」で印象に残った話といえば?個人的には"黎明"と"未来"2編 | このマンガが目に入らぬかっ!- 漫画のネタバレ・レビューサイト商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

♥ライターちゆゆんです♥

⇒手塚ワールドなら「火の鳥」全巻立ち読みOK(無料)!

【火の鳥】飛び飛びに読んだだけだけど、2つの話が印象深い

「火の鳥」はあまりに巨匠作品すぎて、なんとなく買えずに来た作品。

神々しいというか、畏れ多いというか・・・(笑)

気軽に手出しできない重々しさを感じたので、

チラッと病院の待合に読みました。

全巻そろってはなかったので、順序どおりには読めなかったけど、

とくに心に深く響くストーリーがありました。

それは、縄文時代のハナシと、未来のロボットのハナシ。

火の鳥はときどき物語の途中にふいに現れて、

人々のココロをかき乱していくナゾの存在なんですが、

手塚治虫がこの鳥に託した意味がなんだったのか、いろいろ考えてしまいます。

【火の鳥「黎明編」で印象に残っているシーンといえば、1つめはコレ】

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

縄文時代の話は、「黎明編」になるんでしょうか?

不死のパワーを持つ火の鳥と、その生き血を求める古代の人々のハナシです。

火山の噴火か何かで、

深い穴に落ちてしまった人々のシーンがなぜかとても印象的で、

どうにも忘れられないんです。

穴に落ちた人たちは草の根まで食べつくし、

雨水を飲みながら生き、「ここから出られず死ぬ」と絶望するんだけど、

穴から見える青空に火の鳥が飛んでくる。

 

火の鳥って生きようとするチカラを授けてくれるんでしょうか?

たしかこの男は、奥さんとともに穴から出られたような記憶が。

でも火の鳥って一体なんなのか分からないまま、物語は進んで、

「未来編」に突入。

⇒手塚ワールドなら「火の鳥」全巻立ち読みOK(無料)!

【火の鳥「未来編」ロボットが欠かせなくなった時代。印象深いのは・・・】

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
「未来編」には、大量生産ロボットの話がいろいろ載ってましたが、

個人的に印象深かったのは、ロボットの彼女(妻?)を持つ男が、

ロボット破壊命令に背いて、彼女を連れて逃げるハナシです。

ロボット彼女を殺そうと試みるんだけど、どうしても殺せない男。

なぜか、これがいちばんココロに残っているシーンです。

人間がロボットを愛し、自分の身を呈してまでかばってしまう。

「こんな時代がホントに来るかもなぁ・・・」とぼんやり考えこんでしまいました。

【手塚治虫作品は、人間の過去や未来を見透かしてしまうようで怖い】

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
手塚治虫マンガって、テーマがかなりヘビーです。

だから、なんとなく手元に置けないマンガ。

だって、読み込んで考察なんてしてしまったら、夜も眠れなくなる(笑)。

人の生死、生きる意味、人間の進化、未来、輪廻、宇宙の時間の流れ・・・。

宇宙の真理すべてにギモンを投げかけるようなこのマンガ、私はどうも怖いのです。

h6

「すべては無にもどった」

こんなことがさらっとアチコチに書かれている。怖いです。

描いてある事が壮大すぎて、

ちっぽけな人間(自分)の存在を虚しく感じてしまいそうで、

どうも本気で読み込めない。

【火の鳥の存在理由ってなんだろう?答えはないけど考えちゃいます】

宇宙のすべてを知っていて、<生きては死ぬ>を繰り返す不死の「火の鳥」。

この存在は、「神」に非常に近い”何か”なんでしょうね。

神に遣わされた観察者みたいなものかなぁ?」と勝手に思っています。

傍観者というか。

もしかしたら「手塚治虫」先生そのものの視点のことかもしれない。

さらにこの鳥が「どうして火から生まれたのか?」と考えていくと、

「人間の編み出した最初の”火”だったからかも(神話的に)」などなど、

思考が尽きなくなっていくんですね。

だから、手塚マンガはおそろしい(笑)。

手元にあったら、何度も読み返して、いつか人生の意味を考えすぎて

出家とかしてしまいそうですし。

私は平凡に生きて平凡に土に還る予定なので、

あまり深く考えたくはないんです。だから、チラ読み程度にとどめてます。

手塚ワールドを覗き込んでその深みにハマってしまったら、

戻ってこれそうにないですから。

⇒手塚ワールドにハマれる人は「火の鳥」全巻立ち読みOK(無料)!


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ