闇の画廊「ギャラリーフェイク」のオーナー藤田玲司。絶対惚れるよね | このマンガが目に入らぬかっ!- 漫画のネタバレ・レビューサイト

ニセモノを扱う闇の画廊「ギャラリーフェイク」の主人、藤田玲司。その正体とは?

♥ライターちゆゆんです♥

港で怪しい画廊を経営する男の生き様と、世界レベルの美術品に関するウラ事情を暴く系のストーリー。

その画廊の主人公の男の名は「藤田玲司」。

元メトロポリタン美術館の有能キュレーター(学芸員)として、その世界ではかつて名をはせた男です。

なのに、今は贋作を闇から闇へ横流しするブローカーに成り下がっている。

ただし、彼の贋作画廊「ギャラリー・フェイク」では、ひそかに数百億の”ホンモノ”も混ぜて展示してあるとかいうウワサで・・・。

この藤田玲司という男、いったいナニモノ???

 

というわくわく展開から始まる物語。

「闇の男」というとクールでステキなんだけど、この藤田玲司はパチンコ三昧の日々。

スーツもヨレヨレで、無精ひげを生やし、小汚いアパート住まいです。独身40代。

まるで最初の頃の「カイジ」みたいな、典型的なダメ男。

お風呂も入ってないし、いろんな意味で”臭う”男です。

 

でも、フタを空けてみると有能ってとこがシビレます。

こういう「有能さを表に出さない男」っていうのはめちゃくちゃカッコイイですよね。

謙遜して能力を隠しているワケではなく、そういう世間一般の「見栄」みたいなものに興味がない。

興味があるのは、億単位の美術品、カネ、贋作or真作、他人の美しい心&醜い心、

そしてたま~にオンナ(笑)。

妙にリアリティーのある生き様の主人公・フジタレイジの魅力&色気に引き込まれていくんです。

【ブラックジャック的要素も強い?主人公の”ホンモノ”へのコダワリ】

主人公のフジタは、カネはダイスキですが、汚いカネや欲にまみれた人間には容赦しません。

つまり世間に媚びないので、まったく一般受けはしないし、つねにあちこちでボロカスにけなされている。

でも一方で、彼をよく知る人物からは慕われ、非常に愛されているんですね。

”狭く深く”絶対的な人間関係を築くタイプ。非常にガンコな性格の主人公です(笑)。

そういう人、今の世の中にもけっこういませんか?不器用でこだわりの強い人種。

 

私、このフジタレイジに、ブラックジャック的要素を感じます。

多額の金を要求しておいて、相手の真意をはかるというか。

カネとココロをはかりにかけているようなところがあります。

贋作関係の仕事相手に「そんな大金出せませんよ!ひどい男だ・・・ウワサどおりだ!」と言わせておいて、出方を見る。

<美術にかける熱意がホンモノかどうか>

<己の利益や名声、地位のために動いているのかどうか>

フジタという男は、そういうところをきっちり見抜いて、相手にふっかけるんです。

何千~何億単位の仕事料を。

【美術に無関心な人でも、思わず引き込まれるマンガ。単純明快】

「美術マンガ」というとなんだか堅苦しい。勉強系だったら読みたくないですよね。

でもマジメ系ではありません。わりとアクションも入ってて、コミカルです。

すらすらアタマに入ってくるので、なんの苦もない。

というより、読み始めたら続きが気になりすぎてウズウズです(笑)。

フジタと、助手の褐色の肌の女の子との、付かず離れずな関係もすごくイイ。

自分への恋心もちゃんと見抜いているのに、うまく気づかないフリができる。

オトナの男って感じです。

仕事以外の生活面は相当だらしないですけど。

男からみてもかっこいい男なんじゃないでしょうか、フジタレイジ。

(いつの間にかDVDとかアニメも出てるんだなぁ。知らなかった☆)


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ