ネタバレ注意!不思議と惹かれる絵柄の漫画「かへ」を紹介! | このマンガが目に入らぬかっ!- 漫画のネタバレ・レビューサイト

不思議と惹かれる絵柄!漫画「かへ」を購入したきっかけ

かへ。

この二文字だけを並べられても何の漫画なのかさっぱり分からない人のほうが多いと思います。

かくいう私も名前で買ったというより、表紙イラストに惹かれて購入したのがきっかけでした。

巷によくあるいわゆる「デジ絵」とは異なる鉛筆画のような優しいタッチなのに、色彩は色濃くて力強さも感じさせる。

そこに描かれた後ろ向きのキャラクターたちと「蟹江食堂」という建物。

読む前の何も分からない状態でありながらもなんだか心があたたかくなるような、不思議と惹かれる絵柄でした。

不思議と惹かれる絵柄!表題作の漫画「かへ」の言葉の意味とは

この漫画は「かへ」とその続編「かへ2」、そして他ふたつの短編で構成されている漫画です。

まずは表題作でもある「かへ」と「かへ2」のお話。

東北地方に暮らす漁師と食堂を営む妻という老夫妻がこの漫画の主人公。

稼ぎは少なくてももう先も無いのだから、と半ば諦めながらも慎ましく暮らしていた二人のもとに、東京から電話が掛かってきます。

駆け付けた二人を迎えたのは、親元であるふたりから離れて東京に出ていたたった一人の息子が交通事故の果てに病院のベッドで虫の息となっている姿でした。

表紙でも感じた鉛筆画とその優しさと強さとは漫画のなかにもあらわされています。

息子の意志を継いで東京で心機一転の生活を始めた老夫妻に降りかかるあらゆる危難と苦悩。

本来ならば先に死に行くべき自分たちが逆にあとを引き継がざるを得ない、ふつうの人生を送っている人には想像もできない苦しさと、しかしそれに伴う楽しさや嬉しさ、なによりも終わったと思った人生がまた息を吹き返したことの喜びが伝わってきます。

右も左も分からない都会で右往左往する老人夫妻を自然と応援してしまう優しい気持ちになれる漫画です。

ちなみに、漫画のなかでも登場しますが「かへ」というのは東北弁しか知らない老夫妻がカフェ、と発音しようとして「かへ」になってしまったという経緯です。

これだけでもなんだかほんわかするシーンなのに、それをそのままタイトルに当てたというのも流石だと思いました。

不思議と惹かれる絵柄!漫画「かへ2」の老夫妻に襲い掛かる不運の数々

なんとか方々が丸く収まり新生活を開始した老夫妻のもとに、さらなる深刻な不運や苦難が待ち受けます。

経営しているカフェの商売敵、あるいは妻を襲った病魔。

かへ2では老夫妻というよりも夫である源次郎のほうに焦点があてられた話になっています。

若い人でも乗り越えるのがつらくて途中で投げ出す人もいるかもしれない苦難の連続にひとつずつ律儀に決断を下す老漁師。

それを古臭いと笑わずにしっかりと見守ってくれる素敵な妻や仲間、味方達。

何度も折れそうになりながらみんなの応援に支えられ奮起する、自然と読者からも声援を送ってしまいそうになるシーンの数々。

そして圧倒的な感動をくれるラストシーンでは、なにもかも順調に回った「かへ」の片隅で当初よりもさらにさらに年老いた夫妻のあふれるばかりの笑顔がそこにあります。

ああよかった、と心から安堵するととも忘れられない感動を呼び起こしてくれます。

不思議と惹かれる絵柄!漫画「かへ」の短編はふたつ!ピュアでしっとりした大人な恋愛話

「かへ」に収録されている短編はふたつ。

まずは、「綺麗な子ども」

結婚詐欺を生業とする詐欺男は新たなカモを見つけます。

真面目で優しい清楚な女性にあらゆる口上を並べ立てて大金を騙し取り、今回も詐欺がうまくいったと喜んだ矢先に詐欺男の母親が急死するという事件が起きます。

そんな時、カモだと思っていた女性がとった行動とは。

本来の愛なんてものは日々すさんだ生活をしていれば忘れてしまうものですが、それを商売にしているとすれば尚更のこと。

そんな時にも信じず疑わないでいる人が現れたら、もしかしたら真実の愛というものが現れた瞬間なのかもしれません。

世の中は敵ばかりでなく、だましだまされる世界でもなく、時には本当の愛と優しさが点在しているだけなのだということが再認識できるお話でした。

もうひとつは「瀬をはやみ」

詠み人不明ながら、百人一首にもある「瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の……」という有名な恋の句をテーマとしています。

時代風景は大正初期、お屋敷に住む資産家の一人娘と使用人でしかない男性がひっそりとした恋に落ちるも、叶わぬ恋として散ってしまいそうになります。

しかし女性は諦めません。

愛する人との再会を願って手を尽くし待ち続けた結果、素敵な未来が待っていました。

このお話はもともとこの本の出版社で出されている書籍にあるインターネットでの集客や顧客獲得手法が背景色として色濃くありますが、素直に恋愛話として読めば素敵なラブストーリーでしかありません。

まったく知らないSEOの知識を習得しようと健気に頑張るお嬢様と、素敵すぎるイケメン青年になって再登場する使用人だった男性の大登場シーンは、予想のしやすいありがちなストーリーだというのに鉛筆画のタッチと物語の運びのせいか思った以上に感動してしまいました。

関連記事:大人向けのほのぼの系ファンタジー「ジョナ散歩」

関連記事:「ワカコ酒」大人を酔わす酒飲み美食マンガ

関連記事:ココロが折れた時はコレを読め!「ジェリービーンズ」大人用少女漫画


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ