「幽遊白書」”霊丸ブーム”の発端、幽界バトル漫画!画力ハンパなし

♥ライターちゆゆんです♥

⇒一世を風靡した霊界バトル漫画「幽遊白書」無料立ち読み!

【いきなり冒頭で主人公が死んじゃう!でもそのあとがすごく面白い】

ヤンキー文化全盛期のころの霊界バトル漫画。

最初はコメディタッチなんだけど、だんだんシリアスになっていきます。

主役は「浦飯幽助(うらめしゆうすけ)」・中2男子。


根はすごく優しいけど、生い立ちやらなんやらの関係で

ロクデナシヤンキーライフを満喫中。

ある日、ひょんなことからウッカリ死んでしまう。

いさぎよく閻魔大王のところに行こうとするけど、

ある理由から、やっぱり生き返ることに決めるんです。

ただし蘇生の条件として、厳しい試練を与えられることに―。

主役は真ん中の緑の男の子なんだけど、

最終的にはこの4人がメインになっていきます。

とくに、ピンク服の「蔵馬(クラマ)」&紫服の「飛影(ヒエイ)」が人気で、

当時子供だった私の周囲では、

「2人のどっちがカッコイイか」論争が勃発。

ちなみに紫服の「飛影」は、進撃の巨人の「リヴァイ」にキャラも見た目も似ています。

ストイックで無口なところが、女子のあいだで瞬く間に人気に。

どっちかとういうと、私は「蔵馬」派でしたが。どうでもいい?(笑)

⇒飛影派?蔵馬派?「幽遊白書」無料立ち読み!

【富樫義博(作者)の画力がレベルアップ⇒途中でダウン(精神的に?)】

この「幽遊白書」、途中からバトル要素が強くなっていき、後半は完全に戦闘漫画に。

作者・富樫義博先生の画力がどんどんパワーアップし、

最初はコミカルタッチだったのが、途中からものすごい描きこみに変わります。

勢い余ったかのような筆致に、息を呑む読者。

当時鬼画力に、目をみはったものです。

リアル寄りの絵が増え始め、バトル展開がすさまじいことになっていくんですが、

作者さんが途中で(お疲れだったせいか)失速しはじめ・・・

あるとき、背景がほとんど描かれなくなり、真っ白なページが増えます。

文字のみのコマが増えて、ファンがざわめいていた時期も。

でも、また少しずつ復活を遂げられ、最終巻まで描き上げることに成功。

漫画家さんの苦悩ってホント、すさまじいらしいですね。

机に向かうと吐き気がするとか、そういうレベルでキツイらしいです。

なんだか分かる気がしますね。プレッシャーもすごそうですし。

さて、いったん死んだ主役・浦飯幽助は、

人間に戻ることができたのでしょうか?

最後はまたドタバタコメディーに戻ります。

⇒一世を風靡した霊界バトル漫画「幽遊白書」無料立ち読み!


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ