「新宿スワン」の鷹の目をしたキャラクターたちshinjuku-swan

スカウトマンの物語「新宿スワン」

裏社会からグレーゾンの住人(水商売)東京の歌舞伎町、渋谷、横浜、香港までのストーリーについて話したいです。

もともと歌舞伎町のスカウトマンの物語です。

物語の始まりは「白鳥龍彦」が地方から東京新宿歌舞伎町で、いちスカウトマンから社長になるところまでの物語です。

歌舞伎町でくすぶっていた青年「白鳥龍彦」真虎と出会ってスカウトマンになります。

AV女優、キャバクラ、風俗の女の子をスカウトしてスカウトバックで生活していく。

そんな生活はなかなかできないと思いきや、私の友人も実際にスカウトマンをやっております。

そいつの言葉は忘れられません。

「スカウトは毎日、道に立てばベンツに乗れる仕事だ」

確かにそのとおりです。

龍彦はスカウトマンになるにあたって本当に苦労して、率先してスカウト会社「バースト」の駒になります。

そして本当に修羅場を踏んでいきます。

ほかのスカウト会社、闇金、ホスト、ヤクザ、マフィアとどんどん修羅場を踏むことによって出会っていきます。

そんなキャラクターは一人は死んで、一人は生き残り、一人は仲間になるようなストーリーです。

 

人間の根本の強さを感じるアウトローレジェンドマンガ

最終的に物語の始まりは「龍が如く0」じゃあないですが「バブル」時期にさかのぼります。

過去に、全国的スカウト会社「ミネルバ」を立ち上げた、元警察官「辰巳幸四郎」が、ミネルバ創設メンバーである「山城神」「山城尊」にヤクザの天野の指示のもと忙殺される。

その辰巳の弟のような存在である「真虎」の復讐の物語でした。

終盤になるにつれて主人公の「白鳥龍彦」の影は薄くなります。

真虎が復讐を果たし、天野の息子に殺されます。

その上で真虎は復讐の連鎖を消すために、天野の息子を許せ!といったのが本当に印象的でした。

私は「新宿スワン」を一生忘れません。

これほどのアウトローレジェンドマンガは絶対に現れません。

このマンガには善悪は関係ない。

人間の根本の強さを感じました。

私のつたない感想文で申し訳ないです。


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ