予測不能な展開が待つ!おススメマンガ『東京喰種』tokyo_ghoul
私がおススメするマンガは『東京喰種』という、人を食らう怪物である『喰種』が、東京に存在する世界での話を描いたマンガです。

主人公である金木研はとある事故を切っ掛けに、喰種の臓器を移植され、そのせいで半分喰種の身体になってしまいます。

人でありながら、人を食べなければ生きていけない身体となった金木研の苦悩と戦いが主なストーリーです。

なぜ私がこの『東京喰種』というマンガをおススメするのか、その理由を書いていきたいと思います。

 

【1:二つの価値観で揺れる主人公】

東京喰種の魅力は何といっても『人と喰種との狭間で揺れる主人公の心』だと思います。

このマンガにおける喰種の立ち位置は『人に害をなす悪』なのですが、喰種側の立場になって考えると『人を食べなければ生きられない』『人だって動物を殺して食べているのに』という考えがあります。

また喰種の中には、人間に友好的で人を殺したくない、と考える者も多くいます。

主人公は『半分人間で半分喰種』の為、そのどちらの価値観も理解することが出来ます。

故に主人公は悲しみ苦悩する。

二つの価値観の中で己なりの答えを出そうとする主人公の決断や行動は、見ていてハラハラします。

アクションだけではない、心理描写の細かさは是非読んで頂きたいおススメポイントです。

 

【2:カッコいい喰種】

東京喰種の第二の魅力は、喰種たちのカッコよさにあると思います。

喰種たちは見た目は普通の人間ですが、戦うときや人を捕食するときは瞳が赤く染まり『赫子』という捕食器官を身体から出して攻撃します。

その姿のカッコよさと言ったらたまりません。

特に中二病の方に必見です。

マンガではよくある赤い目も、東京喰種では一味違う描かれ方をしていてカッコいいです。

 

【3.主人公補正が薄い】

これは東京喰種ならではだと思うのですが、主人公補正が薄いというものがあります。

たいていのマンガは主人公の都合のいい展開になることが多いですが、東京喰種は寧ろ主人公に厳しいです。

話の途中で主人公が死んでしまい、そこから全く展開の違うストーリーが始まったりと、目まぐるしいです。

普通のマンガですと、ピンチでも『主人公だから勝つ』は東京喰種にはありません

こんな斬新な展開のマンガは珍しいと思います。

まだまだ続く東京喰種の世界にこれからも大注目です!


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ