「YASHA-夜叉-」吉田秋生の最高傑作!双子のうち、夜叉はどっち?

♥ライターちゆゆんです♥

⇒吉田秋生最高傑作「YASHA-夜叉ー」立ち読み(無料!)

【「YASHA-夜叉-」特別であることは羨望の的になる。だけど当人の孤独は計り知れない】

ケタ外れに天才的な能力に秀でていること>。

それって、自分のような凡人からしたら、すごくうらやましいこと。

だけど、そういう特殊な”いわゆる天才型”って、すごく孤独だと思う。

この「YASHA-夜叉-」という漫画の主人公・有末静(アリスエセイ)が、

まさにその<孤独の人>だと思います。

吉田秋生さんの数ある名作漫画の中でも、この漫画「YASHA」はダントツでおすすめです。

作者は女性なんだけど、女性作家とは思えない、

中性的なストーリーと絵柄が最大の魅力かもしれません。

沖縄の海でのびのびと育った美しい少年・静(セイ)が物語の主人公。

でも、まわりの「フツウの子」とはちょっと違うんです。

その秘密は、静(セイ)本人とお母さんくらいしか知らない。

異常な脳の糖代謝と、それに伴う人並み外れた身体能力、記憶力。

ほんとうは勉強だって飛び級できるくらいに優れた子なんだけど、

なぜか静(セイ)のお母さんは、「平凡な子供を装え」と教え込むんです。

それにしたがって、テストの点数をわざと低く取る主人公。

だけど、ある日静(セイ)の母親は何者かにさらわれ、

それまで平凡で平和だった主人公の人生は暗転する。

静(セイ)の脳の特殊さを、周りが放っておくわけがない。

なぜなら静(セイ)の体には、特殊なヒミツがあったから―。

関連記事:「イヴの眠り」◆漫画”YASHA-夜叉”の続編が正直ツラかった…

【「YASHA-夜叉-」比較される兄弟。それが双子であれば、互いの愛憎も人一倍】


双子の兄弟というのも、また特殊な人間模様を生み出すものです。

私は「双子」という存在に神秘性を感じてしまうのですが、

双子の人たちに聞くと、「そんなに楽しいものではない」と口々に言います。

兄弟姉妹でさえ、互いの境遇や能力を意識しあうのに、

さらに同じ顔、同じ声の一卵性双生児ともなれば、深い確執が生まれるのも分かる気がする。

だけど、同じ環境で育ったとしても、同じ性質に育つとは限らず、

違う環境で育っても、似た性質に育つこともある双子って、

私はやっぱり神秘を感じずにはいられない。

この「YASHA-夜叉ー」という漫画は、特殊な環境に育った天才的な双子の心理を、

夜叉(鬼)と菩薩に絡めて表現しています。img_7_m

人智を超えた存在・静(セイ)と、その双子の弟・凛(リン)。

双子はときに「陰と陽」、「裏と表」などと例えられるけど、

この2人の双子の兄弟はどちらが夜叉で、どちらが菩薩なのか?
この漫画はSF要素も強いけど、

根幹にあるのは「双子の兄弟の確執と愛憎」である気がします。

⇒吉田秋生最高傑作「YASHA-夜叉ー」立ち読みページへ(無料!)

 

関連記事:【ネタバレ注意】閲覧危険マンガ「食糧人類」をザックリ解説!


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

比較なんて面倒だ!という方は電子書籍の最大手「ebookjapan」にしておけば間違いなし!
「ほとんどの作品が無料試し読み可能」
「1冊づつ購入可能」
「お得なキャンペーンが多すぎ!」
「ポイントが貯まってまた買える!」
「マニアックな作品も多数あり!」
「雑誌、写真集、小説なんでもあり!」
って感じで初めて使う方でも、探している漫画がある方でも、このサイトだけで十分満足できちゃいます。 button_001
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ