漫画「八雲立つ」日本神話を下敷きにした刀剣&出雲の物語yakumo0

⇒日本神話を下敷きにした剣と出雲の物語。「八雲立つ」立ち読みはeBookJapan!へ(無料)

【古代神話、刀剣、出雲、巫女が好きな人にはタマラナイ漫画】

樹(いつき)なつみさん作ダークファンタジー「八雲立つ」。

ジャパニーズホラーネタ満載。けっこう内容怖いです。

出雲を中心とした神がかったお話なので、霊的なネタも多くて、

血は飛ぶ、首は飛ぶ、憑りつかれる。

京都の四ツ辻の女霊の話とか、血天井から大量の血が落ちてくる話とか、

流血ドバドバな感じで、想像するとなかなかホラーでした。

でも、なんやかんや”萌え要素”がイッパイです。

主人公の2人の男の子(W主人公設定)がそろって美男子で、

片方は触れれば切れるような(古)冷たい美少年、そしてもう片方は

お人よし&気を遣いすぎな心優しいメガネ男子です。

kuraki

出雲の守り神である刀剣を祀る古い大きな家の当主、布椎闇己(ふづち くらき)。

(名前がすでにステキ)

島根県・維鈇谷村(いふやむら)で、彼は父親から当主の座を譲られるにあたり、

むごい伝統の風習をやり遂げなければならなくなります。

というのは、父親の首をはねるということ。

出雲はこの伝統によって魔物から守られているのだそうで、

闇己(くらき)は決死の覚悟で祭りの夜、父の首をはねます。

その現場を、出雲にまつわる刀剣を奉納しに来ていた、

東京の大学生・七地健生(ななちたけお)がたまたま目撃してしまう。

村の伝統とはいえ、殺人です。しかも親殺し。

闇己(くらき)は「よそ者に見られた」ということで、健生(たけお)を追い

刀で突き殺そうとしますが、健生(たけお)の人柄と説得に触れ、

健生殺しと自殺を思いとどまります。

2人は年齢も違い、生い立ちや性格も真逆ですが、徐々に心を通わせていきます。

⇒闇己(くらき)は有能な出雲の巫女(シャーマン)、ただし性格は悪い。「八雲立つ」立ち読みはeBookJapan!へ(無料)

【「八雲立つ」の語源はスサノオノミコトの詠んだ歌】

yakumo1日本神話でヤマタノオロチを退治した、出雲の須佐之男(スサノオノミコト)。

ヤマタノオロチから美しい女性を守り、これをめとったスサノオが詠んだ歌、それが

『八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を』

「愛する妻を守るために幾重に守りを張り巡らせた御殿を建てたが、

まるでそんな今日の雲だなぁ」

みたいな意味です(※諸説あり)。

つまり「八雲立つ」は「出雲に湧き立つ幾重もの雲」のこと。

そして、この「出雲」という地名、「出鉄(いずもの)=たたら製鉄」と掛けてあり、

この漫画のテーマになっています。

出雲のシャーマンでもある闇己(くらき)と、

東京から家宝の刀剣を持参した健生(たけお)。

この2人には、はるか昔の製鉄の剣の時代、特別な関係がありました。

じつは健生は、闇己専属の刀鍛冶師だったのです。

でもそんなことは記憶にない二人。腐れ縁のまま、互いに悪態をつきながら、

さまざまな血みどろ事件に巻き込まれていきます。

霊的なものを信じていない人にも楽しめる物語。辻褄あわせもよく出来ていて、

大好きな漫画です。1990年代の作品だけど、今読み返しても色あせません。

登場人物全員、主役・脇役ともにキャラがしっかり描かれていて魅力的。

2人の主役コンビのやり取りがかなりツンデレで、見ててほのぼのします^^

腐れ縁でタイプの違う者同士が、出雲の結界から溢れた魔物に対峙する!「八雲立つ」立ち読みはeBookJapan!へ(無料)


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ