ネタバレ注意!原作家土塚理弘の漫画「マテリアルパズル」の魅力!

「マテリアルパズル」の魅力!「バンブーブレード」の原作者土塚理弘は漫画も描いていた!

土塚理弘と聞いてぴんとくることがない人も、土塚理弘さんが原作を担当しアニメにもなった作品「バンブーブレード」「吾輩ノ彼ハ馬鹿である(カレバカ)」と聞けばぴんとくる人もいるのではないでしょうか。

土塚理弘さんは現在原作家としての活動が多いからです。

ですが土塚理弘さんは知る人ぞ知る、ガンガン系統を中心に活躍した漫画家でもあるのです!

ただ、残念ながら「バンブーブレード」ほど有名にならなかったので、知名度は低めですが…。

その中でもおすすめしたいのは「マテリアルパズル」という漫画です!

ギャグマンガが得意な原作者という印象がありますが、「マテリアルパズル」はネタバレしていけばしていくほど深い王道ファンタジーです。

普段ギャグを描いている土塚理弘さんがどんなファンタジーを描くのか?

その魅力について、ネタバレも込みでご紹介いたします。

中には最終回のネタバレもあるのでご注意ください。

ネタバレ注意!原作者土塚理弘の漫画「マテリアルパズル」の世界観

「マテリアルパズル」の主人公は三人、一つの体に入って不老不死になってしまいます。

さらに「死ぬたびに入れ替わる」という特異体質を持ってしまうのです。

死ぬたびに魂は入れ替わるのですが、死んだらそれっきりということではなく魂は生き、また誰かが死ぬたびに入れ替わっていきます。

ずっと生き続け、死に続けてきた主人公たち。

永遠の命を持ちながら、魔王復活阻止という重大な使命を背負っています。

多くの人の死や殺しを経験してきたその人生…ネタバレだけで聞くととてもシリアスな話ですが、ちゃんと作品の随所に土塚理弘ワールドが展開され、シリアス過ぎない読みやすい話になっております。

ネタバレを見てもまだまだ深くわからない謎や伏線は、いろいろな推理をさせてくれます。

そして、決めるところはびしっと決めるのがマテリアルパズル。

そのシリアスとギャグと謎が織り成す土塚理弘ワールド「マテリアルパズル」は是非ご堪能いただきたいですね!

ネタバレ含む!原作者土塚理弘の漫画「マテリアルパズル」の現在

土塚理弘さんは現在原作活動に忙しく、実はマテリアルパズルはまだ完結していないのです。

しかもコミックスは絶版になっている希少ぶり。

ネタバレをすると、現在「マテリアルパズル」は世界が崩壊し、時代が飛んだ(様に見えます)ところで終わってしまいました。

最終回のネタバレの「魔王の骨」という単語は、「マテリアルパズル・ゼロクロイツ」という作品で少し出てきています。

「マテリアルパズル・ゼロクロイツ」はマテリアルパズルのネタバレも含まれているので、ぜひ原作「マテリアルパズル」を読んでから読むことをおすすめします。

ちなみに「ゼロクロイツ」のネタバレは最後は丸く収まって終わるのですが…一体何が関係あるのか、気になるところですね。

この伏線の貼り方も、土塚理弘さんならではという感じです!


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ