少女小説「夢見るように愛したい」感動!天使と人間の純愛img_0

後に昭和の最後の一年となってしまう1988年、当時の少女小説レーベルのひとつ講談社X文庫ティーンズハートより発売されたある小説は瞬く間に、時の「少女」たちを魅了してきました。

その小説、「夢見るように愛したい」は折原みと先生の渾身の小説デビュー作なのです。

 

[桜子さんとリョウくんの恋が切なすぎる]

死んでいないのに、間違って天国に連れて行かれた桜子さんと、桜子さんを連れて来てしまった天使のリョウくんとの純愛

二人の純愛は、何十回読んでも涙が止まりません。

当時、中学生だった私は、この二人の純愛をどれだけ羨ましがったことか…。

 

[天使と人間は結ばれない]

初めは、恋をするなんて思ってなかったから、自分を間違って天国に連れてきたことへの不満を言ったり、ワガママ言ったり。

でも、リョウくんの変わらない優しさに、桜子さんの心も、次第に心惹かれていきます。

でも、天使と人間との恋が結ばれる訳ありません

必死で、自分の想いを押さえる、二人。

でも、想いは膨らむばかり。

こんな風にお互いがお互いを想いあえたら素敵だなって、ずっと想ってます。

出会った頃の二人も、初めは幼くて可愛いすぎて、それが、少しづつ、恋のおかげで大人になっていく二人が愛しくてたまりもせん。

限られた時間しか一緒にいられないのが分かっているから、その哀しみを出さないように、楽しいことだけ考えようとする二人がとても大好きでした。

 

[やがてくる別れ]

ラストは、本当に切なくて、人間界に戻った、桜子さんは、天国での暮らしを全て忘れてしまいます。

もちろん、あんなに好きだったリョウくんのことも…。

でも、リョウくんは、忘れていません

天国から、桜子さんの人生をずっと見守らなければいけません。

桜子さんが、自分以外の人に恋しても、ずっとずっと、見守っていかなければなりません。

そんな、桜子さんの結婚式

リョウくんは、桜子さんのために、を降らせます。

大好きな桜子さんが幸せになれるように。そんな想いでしょう。

そんなとき、桜子さんの言っていた言葉が、リョウくんの頭をよぎります。

「運命の赤い糸は、色褪せることがあっても、切れることが無い限り、また赤く輝く。」

桜子さんの赤い糸が永遠に赤く輝いていますように。自分は、桜子さんを幸せに出来なかったから。

もう切なすぎます。こんな恋愛したいと思いました。


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ