マンガ「MW」手塚治虫のBLがヤバい件tezuka_mw

マンガの神様手塚治虫

この日本を代表する文化を作り上げた第一人者のひとりです。

手掛けた作品は何百にも及びます。

そんな中にBL作品が?まさかまさか…実は、あるんです!

【腐女子も唖然!な設定】

MWという、謎の化学兵器を取り巻く人間たちのサスペンスドラマ!という作品。

最初からヒェーーッッというキャラクターにビックリさせられます。

主役である神父、そして銀行マン

この二人は小さい子どものころ、ある貴重な経験を経て一蓮托生という、設定。

あー、もう妄想しちゃうような…と、思って読み進めると公式で二人は出来ちゃってる。

手塚治虫先生は実はBLも描けてしまうのです。

神父でありつつも道ならぬ道に苦悩、そんな苦しむ姿にも迫っていけちゃう銀行マン。

昨今のBL界隈でもないような関係図を展開させてくれます。

【手塚治虫わかってるぅ~…あんなシーンも】

ドラマが進むにつれて、人間関係も縺れ合います。

女性が二人に巻き込まれて嫉妬の嵐!かと思いきや、突然のサスペンス!!ミステリー!!

あと、BL

もう展開は読者を置いてきぼりにしてしまいます。

基本的に、銀行マン神父が大好きなことは変わりません。

そこは保証されます。

なんという人間関係、しかしながらシンプルです。

BLという点を除けば。

主役の一人である銀行マンは変装が得意。

女性にだって化けます。

え?つまり?男の娘もいけちゃうってこと?これは薄い本が厚くなるゾー!

物語はMWの存在、そしてその真相に迫っていきます。

あー、もうそんなことよりも主役の二人の気持ちの揺れ動きが!!妄想も相まって気になる!!!どうなるの!?どうなっちゃうの?!

 

【しかも映画化されてる!】

実はこのマンガ、山田孝之さんと玉木宏さんという濃いメンバーで実写も作られています。

エエーッ!?つまり?二人が?それは観てのお楽しみです…

興味本意で手に取ったら最後、あまりのミステリーな結末に心奪われることでしょう。

BL作品ではありますが、サスペンスドラマ、ミステリー好きなアナタにもオススメします。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ