炎のシュレン&風のヒューイ&兄弟に涙を禁じ得ない【北斗キャラ】

s-syuren2出典 https://www.gamecity.ne.jp/

⇒北斗キャラは永遠に星となって輝き続ける!炎のシュレン&風のヒューイは実の兄弟~eBookJapan立ち読みへ

【哀しきあの兄弟を覚えているか?今でも気になる北斗キャラ】

北斗の拳には、ときどき兄弟姉妹が出てくる。(養子縁組は別にして)

ラオウとカイオウもそうだし、漢じゃないけどリンちゃんと天帝ルイさんもそう。

でも、もっとも忘れてはならないのが<炎のシュレン&風のヒューイ>。

ともに南斗五車星のイケメン若手で、おにいちゃんがシュレン、弟がヒューイです。

私、途中までこの2人が実の兄弟だなんて、まったく気づかなかった。

だって、2人が一緒にいるシーンってほとんどなかったような気がする。

弟のヒューイのほうが、兄より先にラオウに果敢に立ち向かい命を落としたため、

お兄ちゃんのシュレンは「弟星よ!」と漢泣きする。

でも「実の弟だったのにィ!」みたいな嘆きがほぼ皆無だったために、

血縁だと気付くのが遅れてしまったんですね。もうちょっと解説が欲しかったなぁ。

”弟星”とのことで、義兄弟の結束かなにかだと思っていたら、まさかの実弟!

たしか、2人でチカラを合わせて敵を倒すようなシーンもなかった。

「血縁パワーでラオウを倒そうぜ!」みたいなのもなかったので、

読者としては「あれ?」って感じでした。

⇒二人の兄弟仲はどうだったのか?「北斗の拳」はキャラが光る!eBookJapanへ

【別居説・二人は氷と炎のように、相容れなかったんだろうか?】

s-hyu-i1出典 https://www.gamecity.ne.jp/

「風のヒューイ。その拳は、風を友として風の中に真空を走らせ、敵を断ち割る」。

真空拳ってことは、カマイタチみたいな感じなんでしょうね。技としては強そう。

なのに、あっけなく逝ってしまった感。

なんだか腑に落ちないモブ感。超スピーディーにラオウにやられてしまいました。

ヒューイの強さってどれくらいだったんでしょうね?北斗スカウターとかあればいいのに。

ところで私、ヒューイとリュウガを混同してしまうクセがあるんです。s-ryuugaよく見たら似てない。でも、髪色とか技のCOLD感とかカブッてしまうので、

「あれ・・・?どっちがどっちだっけ?」いつも迷うんですね。

リュウガは天狼拳の使い手で、ぜんぜん流派が違うんだけど、

<たしか敵を斬るとあまりの速さに「寒い」と感じさせる>方がリュウガなんですよね。

風と狼のハイスピード拳。ともにCOOLなのでちょっぴり混同気味です。

s-syuren1出典 https://www.gamecity.ne.jp/

「炎のシュレン。その拳は、燐によって、触れた敵を怒りの炎に包みこむ」。

どっちかというと、闘いっぷりは弟よりもシュレンのほうが記憶に残っています。

自分の体もろとも、ラオウを焼き尽くさんと”抱きつき攻撃”で迫った兄。

この勇気、崇めても崇め足りない!

ヒューイの敵討ちも兼ねていたのでしょう。このシーンはほんと、凄まじい気迫でした。

しかし、かのラオウにはさほどのダメージも与えられず・・・という

悲劇の兄弟・炎のシュレン&風のヒューイ。

もしも、雲のジュウザと同じくらいのダメージをラオウに与えられていたら、

これほどの無念を感じさせることはなかったかもしれない。

でも、ジュウザとの戦いに行きつくまでに、じわじわと目に見えないダメージ

兄弟揃ってラオウに食らわせていたハズです。私はそう信じたい。

ただ、2人はほとんど一緒に暮らした形跡がないことから、

技の習性的に、互いに近くに相寄れなかったのかな?なんて

邪推してしまう。氷と炎、水と油みたいな感じで。

「実の兄弟ながら、性質もまったく別物だったのかもなぁ」なんて

思ってみたりするんですが、そのあたりどうだったんでしょうね。

番外編にも描かれなかった兄弟の真実、気になります☆

⇒あの名作を再度堪能しよう!「北斗の拳」無料立ち読みはeBookJapanへ!

スポンサードリンク





当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ