【ネタバレ注意】閲覧危険マンガ「食糧人類」をザックリ解説!

閲覧注意!「食糧人類」のショッキング無料立ち読みはこちら

いま一番?注目されているといっても過言ではない閲覧注意系のグロ漫画「食糧人類」を紹介したいと思います!

今回はネタバレが含まれると思いますので、「1から何の予備知識も無しで見たい!」という方はこの記事は見ないでください!

ちまたで噂になっている閲覧注意レベルのグロマンガの内容に迫っていきたいと思います!

「食糧人類」の主要人物など※ネタバレ注意

伊江(いえ)

食糧人類の主人公のおとこのこ。

画家志望の高校生で、ある日登校中のバスで同級生のカズと一緒に拉致させる。その後に衝撃に事実を知ることになる。

拉致後に明かされる伊江のだが、特殊能力として一度見たものを映像として一瞬で記憶できる「瞬間記憶能力」を持っているという描写がある。

カズ

最初から登場する伊江の友人

伊江と共にバス内で拉致をされてしまう。その後は食糧になる人類として謎の液体を飲んでしまうが・・・

ナツネ

ある意味、主人公的ともいえる青年

伊江とは拉致後のある施設の中で出会う。物語が進むにつれて、性格や衝撃の過去が次々と明かされていくのだが、、、実は6歳である??今後の展開にナツネから目が離せない!

山引(やまびき)

山引も伊江が施設に拉致された際に出会った男性。

ナツネと一緒に行動しており、伊江とも行動を共にすることになる。

クールキャラに見えて、実はキャラが濃くクセがすごい(笑)

小倉

施設内で伊江達を救う。

元は取材目的で施設内に潜入したが、、、

施設内の職員

冷凍された人類を電動のこぎりの様な物でカットしていたり、人に薬液を与えて「食糧」とするため管理をおこなっていたりする。

慣れているものは淡々と恐ろしいことをしているのだが、その内容はぜひ見てほしい。

謎の生物

人類を食糧としている生物

その実は未だ明かされてはいないが、幼虫のようなタイプ、サナギのようなタイプ、成虫っぽいタイプなど色々と存在している。

とても大きく、動きも俊敏で人間は一瞬で切り裂かれてしまう程の攻撃力を持つ。

閲覧注意!「食糧人類」のショッキング無料立ち読みはこちら

「食糧人類」のあらすじを見てみよう!※激ネタバレ注意

食糧人類の世界とはじまり

食糧人類の世界は地球の温暖化が進み、人間が住める場所が1000分の1になってしまっている。

3月だというのに真夏並みの暑さ。

そんな世界の中高校生の伊江とカズは登校中のバスに乗車する。

それぞれ家は画家志望、カズは気象学者になる夢を語らいつつバスは進む、、、

と、その直後にカズが意識を失っている??

運転手を見る伊江。

運転手はなぜかガスマスクを装着していて、その後、伊江も意識を失ってしまう。

拉致された伊江とカズのその後

伊江が意識を取り戻すと、そこは謎の施設内

伊江は拉致されてトラックの荷台にいた。

辺りを見渡すと、人間の山

トラックから起き上がり、辺りを見渡すと冷凍された人間が転がっていたり、まだ生きている人間が仕訳(?)されたりしている。

作業員のような職員が人を仕分けたり、凍った人間を並べたり、その人間をカットしたりしている。

伊江は特殊な体質らしく眠りが浅かったようで目覚めてしまったらしい。

そんな伊江に職員が気付き乱暴に違う部屋へと送った。

違う部屋へ送られた伊江

荒々しく送られた部屋には裸の人間がホースの様な物から何かを飲んでいる。

裸の人間は誰もがぶくぶくに太っていて、異様な光景だった。

伊江は危険を感じてどの部屋身体出しようとするが不可能なようだ。

辺りをよく観察していると、友人のカズがホースを手に取り飲み物を飲んでいた。

伊江は声をかけるが、カズはすでに正気を失ってしまい、その飲み物の虜となってしまっていた。

伊江もカズに勧められて、その飲み物を口にしようとするが、背後から力づくで制止される。

ナツネだ。

ナツネに押さえつけられて伊江は動けずにいると、もう一人近づいてきた。

山引だった。

この二人も伊江と同じく、「まだ飲み物を飲んでいない正気を保った数少ない人間」であった。

山引は伊江に「この部屋は飼育室らしい」と説明する。

つまり「人類の飼育室」であるということだった。

飼育室に何者かが現れる

飼育室の扉が開く音が聞こえる。

二人は既に、「どうして扉が開かれるのか?」を知っているらしく、伊江に「絶対に振り替えるな」と忠告する。

例のホースかラ飲み物を飲んだふりをしながら待つ伊江。

すると伊江の目の前に虫の触手のようなものが這ってきたのだった。

何かを探している?

何が背後にいるかが気になって仕方がない伊江が見たものは、その触手が裸で太った人類を次々と惨殺していく様子だった。

その後は何があるのか???伊江達を待ち受けるグロい出来事の数々

その後は、人類以外の種が出てきたり、人類は「食糧用」「生殖用」などに分けられているという事実を知る事になり、施設内から脱出を図る伊江達だが、信じられない光景が次々と目の前に広がることになる。

多くを書きすぎてしまったので、この辺で終わりにしておきます。(ネタバレしすぎ?笑)

  • 「飼育室」で出会ったカズはどうなってしまうのか?
  • 伊江の瞬間記憶能力とは?
  • ナツネと山引はどんな人物か?
  • 謎の生物の正体は?
  • この施設は何のためにある?
  • 生殖種の男性と女性とは?
  • ナツネは増殖種の人間?その過去とは?

など、次々と目が離せない展開が続きます。

【ネタバレ注意】閲覧危険マンガ「食糧人類」をザックリ解説まとめ

とにかく衝撃でグロいので、閲覧注意なマンガには変わりありませんが、世界観がすごく惹きつけてくるので続きを読みたくなりますね!

世界観が気になる方は、まずは無料試し読みで数話読んでみるといいと思います!

まだまだ始まったばかりのマンガなので、今後「進撃の巨人」などのようにショッキング作品の人気漫画として知られていくことになっていくと思います。

読んでみて、「なんじゃこりゃ~!」と思ったらぜひ友達にも進めてみてください(笑)

閲覧注意!「食糧人類」のショッキング無料立ち読みはこちら

筆者が個人的に思う「食糧人類」のおすすめポイント!

食糧人類-Starving Anonymous-

※↑画像クリックで無料立ち読みできます。

食糧人類というタイトルから、すでにネタバレ感があり大筋内容が透けて見えるようではありますが、実際に画を通してみてみるとやっぱりショックが違いますね!!

描かれている世界観というか雰囲気が異質で、

  • 気味が悪い
  • なんかゾクゾクする
  • 画がグロい

と、いった印象を受けました。

特に人類が「薬」かなにかのせいで正気を失っている様は異様で、「食糧にされる人間」も「子供を作らされる人間」もとても恐ろしいです。

そして、見どころはやはりナツネですかね。

ナツネは「飼育室」で伊江と出会うのですが、とても乱暴で短気なタイプの青年。

ですが読んでいくと、単純な乱暴者ではない事がわかってきます。

また、人情もあり優しさも持ち合わせている事も伝わってきて、すごくキャラクターとして魅力のある人物です。

2巻ではナツネの過去などにも触れていて、衝撃の生い立ちが明かされていきます。

そして、ナツネの特殊能力も描かれていて「え?そんなんありか??」と驚きました!

山引も、優等生キャラかと思いきや、かなり濃いキャラ&癖が強いキャラだという事が発覚していきます!

この辺りは好き嫌いがあると思いますが、読んでみてください。

閲覧注意マンガ「食糧人類」を無料で読むには?

食糧人類-Starving Anonymous-

食糧人類は、電子書籍サイトなどで無料立ち読みとして数話無料で読むことができます!

世界観や、主人公などを知りたい方は、まず無料立ち読みしてみるといいですね。

電子書籍サイトは色々とありますが、どうせならPCでもスマホでもタブレットでも使えるサイトがおススメです。

eBookJapanなどは、最大手で扱っている作品も最多なのでオススメですが、すでに使っているサイトがあればそこで十分!!

あと実際の単行本もamazonや楽天などでも買えますので、「紙派」の人はそっちでどうぞ(笑)

ただ無料立ち読みは電子書籍の方が楽だし、すぐ読めるのでおすすめです!!

閲覧注意!「食糧人類」のショッキング無料立ち読みはこちら

 

 


【DMMゲーム】【11/22~11/27まで10円CP】同人:10円キャンぺーン(ノンアダLP)MobeeAF/SP-PC(BRO)
スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

比較なんて面倒だ!という方は電子書籍の最大手「ebookjapan」にしておけば間違いなし!
「ほとんどの作品が無料試し読み可能」
「1冊づつ購入可能」
「お得なキャンペーンが多すぎ!」
「ポイントが貯まってまた買える!」
「マニアックな作品も多数あり!」
「雑誌、写真集、小説なんでもあり!」
って感じで初めて使う方でも、探している漫画がある方でも、このサイトだけで十分満足できちゃいます。 button_001
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ