マンガ「ムシブギョー」についてmushibugyo

 

時代は、江戸時代。「蟲奉行所」

時代は江戸時代。目安箱で国民の意見をにより当時、人を食い殺す危険な生物「巨大蟲」の討伐をする「蟲奉行所」というものが新設されるのだった。

 

主人公である月島仁兵衛は「死ぬまで勝ち続ける武士」を目指す武士であり、父である月島源十郎の代わりに蟲奉行所へと入ったのです。

そんなはじまりから主人公月島が色々な蟲と戦うことになるのです。

ムシブギョーの話とは

八丈島に籠っていた蟲奉行様が蟲狩という集団に襲撃されることを知った蟲奉行所は月島とその仲間たちと一緒に島に派遣することを命令しました。

そのとき、月島の隠された力が発動するのですが、全然コントロールができず自我を忘れて暴走してしまうのです!

なんとか自我をとりもどし、蟲奉行様を助けることができたのでした。

そして蟲狩襲撃により、力を失っていた蟲奉行様の力を取り戻すため、松阪和歌山城へ向かうのです。

そのとき、真田幸村というがやってくるのです。

蟲奉行様と月島は力を取り戻すために城の中へ、他の蟲奉行所メンバーは真田幸村の討伐を試みたのです。

そして蟲奉行様の力は取り戻したのですが、真田幸村の討伐はできなかったのです。

そのときに現れた、蟲のボス=常世の蟲に蟲奉行様を奪われてしまったのです。

常世の蟲が江戸に襲撃し、蟲狩は蟲狩から一人裏切者がでて一人残して全員死亡してしまいます。

そして衝撃的なことに蟲奉行様を殺せば常世の蟲を倒すことができるといわれていたため蟲奉行様が自ら、月島の刀に飛び込んでしまったのです!

だが常世の蟲は力を取り戻しもう誰も倒せないほどの力を持ってしまったのだが蟲奉行様を想う月島を見て江戸襲撃は取りやめ、大阪へ戻っていたのだ。

絶対オススメですよ!

マンガ「ムシブギョー」今までにみたことがないストーリー構成になっていて読んだ時はこれは絶対にヒットするマンガだ!と思っていました。

その考えが当たり、今ではもう有名なマンガとなっています。

見て損はしないとてもオススメマンガだと思っています。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ