『死役所』立ち読みでハマったら買うべし!あらすじ紹介しちゃいます

⇒人は死んだらどうなるの?⇒死役所でまずは手続きしなきゃなりません。漫画「死役所」立ち読みはeBookJapan!

【死後直後の世界って案外こんな感じかも(笑)】

マンガ「死役所(しやくしょ)」(あずみきし作)。

我々生きている人間には、死後の世界のことが何一つ分からない。

だからこそ、こういうマンガは空想にあふれていて興味深いです。

死後の世界を取り扱った漫画って面白いものが出てますが、

中でも「イキガミ」や「スカイハイ」系が好きな方は、買って損ナシ!

きっと立ち読みでハマり、その続きが気になることでしょう。

物語は短編(といっても漫画一冊に4話ほどで長い)で構成されますが

全体のストーリーは繋がっています。

一人一人の死に至るまでの事情がバラエティに富んでいて、

「人間って生きるのも死ぬのも大変だよね・・・」

なんて思ってしまうマンガ。ホラーではなく、淡々と現実を描いています。

もちろん怖い場面も多々あり。

【「死役所」ざっくりしたあらすじ】

人が死ぬ理由には、いろいろありますよね。

老衰、病死、事故死、そして自殺や他殺・・・。

いかなる原因であっても、死んだ者は「死役所」に行く決まりであり、

どうして死亡したのか届け出なくてはならない義務です。

我々が訪れる市役所と同じように、書類の手続きを行わなければ

死者は然るべき場所(天国なのか冥途なのかetc)

行くことができません。

死役所の総合案内役を務める上の「シ村」という男が、

全編を通して文字通りの水先案内人となります。

この男はつねに貼り付いたような仮面の笑顔で死者たちに接し、

「お客様は仏様ですから」が口癖のフシギな人。

穏やかかつ丁寧に書類をさばき、感情の高ぶりを一切見せませんが

「笑うせえるすまん」のモグロフクゾウのように信用できないところがある。

ソツがなすぎるので、同僚はちょっと怪しみ始めます。

⇒死者の生前も気になるけど、死役所の人間の過去も気になる・・・!漫画「死役所」立ち読みはeBookJapan!

【死役所には、死んだ人間が死んだときのままの姿で訪れる】

ちょっとシュールなのが、

「死んだ人間は死んだ瞬間の姿のままで死役所に訪れる」ということ(笑)

なので、顔面がすりおろされている人、脳が見えている人、

臓物が飛び出している人などさまざまです。

交通事故死の人はけっこうひどい姿ばかり。原型をとどめていません。

だけど、死役所側の人間としてツライ部類なのが、子供の虐待死の対応。

無垢な子供は、母親に殺されたにも関わらず母を慕い続けており、

死亡理由を「ママのせいじゃないよ」と言い続けたりします。

老衰で死ぬ人の対応よりもよほどキツイ。というわけで、

死役所の人は精神的にヤラレます。死役所だからといって、

閻魔様みたいなのが待ち受けているわけではなく、

元人間が死役所に勤めているだけなんです。しかも、

死役所勤務するためには、”生前、死刑になっていること”が条件。

つまり、かなりの重罪をやらかした人ばかりが、

死刑による死後に、この死役所に務めているというワケです。

そして、この死役所勤め人の苗字には、「シ(=死)」が共通しています。

平凡な苗字の人が多いですが、皆部分的にカタカナにしてあるのは

同じ苗字のマンガ読者さんへの配慮でしょう。

総合案内のデキる男「シ村」さんは、過去に何をやらかしたのでしょうか?

マジメ一本に見えるこの男の過去や、仮面のような表情の理由が

徐々に明かされていきます。

⇒死役所勤め人は、皆重大な犯罪人。漫画「死役所」立ち読みはeBookJapan!


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

比較なんて面倒だ!という方は電子書籍の最大手「ebookjapan」にしておけば間違いなし!
「ほとんどの作品が無料試し読み可能」
「1冊づつ購入可能」
「お得なキャンペーンが多すぎ!」
「ポイントが貯まってまた買える!」
「マニアックな作品も多数あり!」
「雑誌、写真集、小説なんでもあり!」
って感じで初めて使う方でも、探している漫画がある方でも、このサイトだけで十分満足できちゃいます。 button_001
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ