「死母性の庭」母親の仮面をつけるママ~曽根富美子さんの衝撃作!shibosei

【曽根富美子さんの問題作。思わず電子書籍買いしてしまいました】

衝撃的な作品を数々世に送り出している曽根富美子さんのマンガ「死母性の庭」。

バナーが衝撃的すぎたので、思わず立ち読み⇒購入へ。

題名を見たとき、どういう意味だろう?と謎だったんですが、

母性のない庭での育児」みたいな感じに私には思えました。

もともと、年齢問わず母性的な女性って存在しますね。

学生時代の同級生の中にも、子供がいなくたって、弟妹がいなくたって、

人のめんどうを根気よく、苦もなく見られるような「母性の強い女の子」っていました。

だけど、大人になって母になった人たちを見て、

「ああ、産んだからといって、みんながみんな母性を持つ訳じゃないんだ。

産まなくても母性の強い人もいるし、それぞれなんだなぁ」

と知りました。baby

>「なぜ母性的でない?」と自分を責めるお母さん達

母親=すなわち母性ではないんですね。

産んだ瞬間に母性爆発する女性や、妊娠で母性に目覚める女性も多いと聞きます。

しかし、何人お子さんをもうけようと、

母性が自分のなかに育たず、人知れず悩む人も多い。

一番追い詰められるのは、

いかにも母性があるように見られたいお母さん方ではないしょうか。

理想の「お母さんらしいお母さん」になりたいのにどうしてもなれない、

そのギャップに苦しむお母さんって多そうな気がするんです。

それで、外向きには母性の強い母親を演じる。それ自体は、悪いとは思いません。

まずいのは、この死母性の庭のように、裏で虐待を繰り返し、

母性の仮面を付けている女性でしょう。

【「死母性の庭」は極端ではあるけれど、わずかながら共感を得るのも納得】

oyakoこのマンガはほんとに賛否両論で、

「こんなひどい話には1ミリも共感できない」という声も多いです。

逆に、「ほんの少し分かる気がする」「心を打たれた」という作者のファンも多い。

あまりにもツラく痛々しい内容なので、どうしても反応が強く出るんでしょうね。

私は産んでいないので、母として意見できる立場にはないですが、

確かに育児は想像とは違い、微笑ましい温かな時間ばかりが続くものではない。kodomo以前、私は体調の悪いとき、親戚の子供を数時間だけ面倒をみることになりました。

私は母性的なタイプではないですが、子供っておもしろい存在だと感じているので、

「たった数時間のこと、体調が悪かろうと楽しみつつ面倒をみれるだろう」

と思っていました。

ところがとんでもなかった。

>育児に一人追い詰められるお母さんを少しでも想像してみたい「死母性の庭」

男の子たった一人、部屋で相手するだけのことなのに、

奇声をあまりに上げるので、体調不良がさらに悪化。ひどい頭痛が来てしまいました。

言って聞かすんですが、聞き分けがあるはずもなく、

子供はとにかく走り回り、見ていてケガしないか、転ばないか、ひやひやの数時間でした。

こっちの頭はガンガン、何を言っても聞かない。

隙を見て横になろうものなら、上に乗って起こしにくる。泣く、わめく、物を投げる。

自分の子供でないだけに叩くわけにもいかず、

子供は叱られないのを見越して、調子に乗る。想像以上にツラい数時間でした。

母性がどうのとか、このとき手一杯で考えもしませんでした。

手加減なしに馬乗りで叩いてこられたときは、突き飛ばしたい気持ちにさえなりました。

(もちろんガマンしましたが)

なので、このマンガの母親が死ぬほど特別とは思えません。

ふだん穏やかな人間でも、子供相手だと豹変することだってある。

もちろん、許される行為ではないですよね。子供に罪はありません。

だけど、「真面目で型にはまった人ほど苦しむのかも」と想像してみたりします。

>思い当たる節がある?頑張ってるお母さんほど陥る精神状態

ところで、この死母性の庭は、後半にまったく別の話が入っています。

それが、また輪をかけて面白かった。

「死母性の庭」もそうですが、後半の別の話も、

「人は見かけによらない」ということを教えてくれるものです。

苦労してないように見える、幸せそうに見える、甘えてるように見える。

そのために、周りから妬まれて苛められる、嫌みを言われる、陰口をたたかれる。

でも、実際はものすごく裏で苦労していて、

コンプレックスだらけなんだよ、という家族を

一人ひとり別編に分けて詳細に描いています。

生きていくために、幸せそうに振る舞わなくてはいけない、そんな人もいる。

それを知らずに、表面だけ見て突っかかる人もいる。

人にはいろんな事情がある。それは表向きには見えてこない。

だから、偏見の目で他人を決めつけてはいけないな、

曽根富美子さんの作品にいつも諭されます。

>eBookJapan・曽根富美子さんの心をえぐる衝撃作「死母性の庭」ほか多数!

▲▲▲無料立ち読みあり▲▲▲


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ