ネタバレ!ごった煮アポカリプス!SFホラーの傑作「少年の町ZF」

SFホラーの傑作「少年の町ZF」ごった煮のアポカリプス設定

漫画「少年の町ZF」はUFO要素、吸血鬼要素、ゾンビ要素、サバイバル要素、エセ科学要素、エロ要素の全てをごった煮にしたような設定で、作者の異様なまでの多趣味ぶりが伺えます。

楳図かずおの漂流教室をより年齢層を広げ、18歳から赤ん坊までの子どもたちがUFOの襲来によって、全人類が吸血鬼化した世界で生き抜くアポカリプスです。

当時のノストラダムスブームに乗っかっているようですが、ノストラダムスは一切出てきません。

一話一話の密度が半端なく、ごった煮の設定、ごった煮のキャラクター、ごった煮のセリフ回しに劇画調の画風が相俟って一話読むだけでぐったりします。

ただ、一度読み始めると疲弊しながらも途中で止めることができず、中毒のような症状を呈して徹夜してでも最後まで読むことになるでしょう。

SFホラーの傑作「少年の町ZF」個性豊か(すぎる)キャラクター達

武道家、不良、スポーツマン、おたく、秀才、役立たずの子供、敵方の宇宙人(美少女)が各々の得意領域でサバイバルに貢献していきます。

役立たずの子供には物語の始めから徹頭徹尾イライラさせられるのですが、最終回を読み終わった後にもう一度最初から読むとこの子供が狂言回しかつ最重要キャラクターであることに気付かされます。

リーダーである武道家はハッキリ言って高校生とは思えません。

絶対に友達になりたくないキャラクターです(笑)。

SFホラーの傑作「少年の町ZF」溢れ出すエゴイズム、カルマ

この作品のキャラクターの俗物ぶりは尋常ではありません。

完全に良い人はただの一人もおらず、リーダーはサバイバルに欠かせない資質の全てを備えていますが、尋常ではなく独善的かつ暴力的で敵方の美少女を仲間に引き込む下りはドン引きものの論理を展開します。

仮に世界が終末を迎えず、普通に時間が推移していたらヤクザの親分かDVで前科者になっていたであろう人物です。

ですが、全員が全員凄まじいばかりのエゴをぶつけ合うことで人間社会を高純度に結晶化したかのような人間ドラマを繰り広げ、正義とは違った方向性を見出しながら物語が展開していくので、読後に振り返ってみると誰ひとりとして「嫌いなキャラ」はいなくなります。

SFホラーの傑作「少年の町ZF」感動のラスト

ラストはこの手の話で使い古されたかのような感動的な展開でご都合主義的な最後を迎えるのですが、人類普遍のテーマに極めてストレートに向き合い、あれほどエゴ丸出しで生き残ってきたキャラクターたちが、極めて純度の高い「善意」に涙して終わるのです。

メッチャクチャに展開しながらも最後は全てを解決し、スッキリした気持ちで読み終える事が出来るので、エロ・グロが苦手な方でなければ誰にでもオススメ出来る作品です。

スポンサードリンク





当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ