マンガ「マギ」の登場人物 シンドバッドの幼少期magi_s

マギ シンドバッドの冒険

この話は「マギ」よりも30年もの昔。

「マギ」の登場人物 シンドバッドの幼少期の物語であり、シンドバッドの生まれたときから始まっています。

シンドバッドはルフという人のエネルギーの力が多く持っており、運命を変えられる力を持っています。

「シンドバッドの力」

シンドバッドはさっきも言った通り、特別な力を持っています。

その例と挙げたら、シンドバッドが生まれた直後、山が噴火したり、波が荒れたりと危機に陥いるのです。

ですが生まれたばっかりのシンドバッドがある方向を指を指し、両親と一緒に逃げたら無事生き延びることが出来たという過去を持っていることからもわかります。

「アルサーメン」と言われる悪の組織にさえ「第1級特異点」と言われるぐらいの強大な力を持っているとわかります。

「シンドバッドが冒険した理由」

シンドバッドは昔から冒険が好きだったのだけど、当時病気だった母親のために、働いて薬の代金など払っていたのです。

軍がやってきて、危険だといわれていた「迷宮(ダンジョン)」へ行くように言われたのです。

シンドバッドは言われても行く気はなかったがユナンという人に出会い、話をしていくうちに危険な「迷宮」にいくことを決心して「迷宮」へ行きました。

そこで色んな命の危険にさらされたが、見事「迷宮」のゴールにたどり着き「ジン」と言われる精霊に会い、その精霊の力が持っていた父親の剣に宿って、使えるようになったのです。

でも「迷宮」からでると何十時間という時が経ってしまっていた。

シンドバッドの母親は危篤状態であり、シンドバッドが急いで駆けつけるが母親は死んでしまったのです。

そして色んな冒険していくうちに、シンドバッドはある決意をします。

それは、国を作るという決意だったのです。

そのために、商会を作ったり、色んな国へ行って、取引するように頼んだりしていく。

その流れで色んな仲間ができていく。シンドバッドがどういう人生を歩んできたのか、その物語をマンガにしたのが「マギ シンドバッドの冒険」である。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ