漫画『るろうに剣心』の志々雄真実こそ最高の悪役ruroken_shishio

近年実写版で映画化され、再び人気を集めている漫画『るろうに剣心』ですが、悪役の志々雄真実は主人公の緋村剣心に負けず劣らずの魅力を兼ね備えたキャラクターということをご存知ですか?

今日は志々雄真実の魅力についてアツく語りたいと思います。

【志々雄真実と緋村剣心】

志々雄真実の魅力を知るためには、主人公剣心と志々雄真実の共通点と違いをおさえておく必要があるので、まずそこから攻めていきましょう!

剣心が逆刃刀を手にするようになる前は普通の刀を手に、人斬抜刀斎という異名を持つ最強の人斬りとして、『決して表には出ない』存在として暗躍していました。

ある事件を機に逆刃刀を持つようになり、人斬りをやめるのですが、実は、その同時期に志々雄真実がかつて剣心が暗躍していた裏舞台で刀を振るうようになったのです。

やがて志々雄真実はその存在を危ぶまれ、幕末の終焉、新時代の幕開けの時に暗殺されかけました。

なんとか一命を取りとめた志々雄真実は、国家転覆を企て自分が天下を捕ろうと目論みます。

剣心は平和の為に剣を振るい、不殺の誓いを守っていたのに対し、志々雄真実は動乱を好み、闘争本能に忠実でした。

剣心と同じように時代に翻弄されていながら、剣心と真逆の信念を貫きました。裏の主人公と言っても過言ではないと思いませんか?

 

【己の欲望に忠実】

志々雄真実の魅力は目的の為なら手段を選ばないところです。

京都大火作戦の時は煉獄というでっかい船を用意していました。

湯治のために温泉が有名な地域を制圧したり…

剣心に致命傷を与える為に自分の愛する人を刺し殺してみたり…

その時の志々雄真実と、命を落とした駒形由美のやり取りは必見です!

剣心が『愛するひとを犠牲にしてまでお前は勝ちたいのか』みたいな発言をするのですが、志々雄真実は『お前のモノサシで話をするな。由美は俺の一番の理解者だった』みたいなことを言うんですね。

どっちが正しいかなんてもはや関係なく、ただただ志々雄真実の勝利への執念、目的のためなら手段を選ばないところは素晴らしいです。

どうでしたか?志々雄真実の魅力少しでも伝わりましたか?

志々雄真実は死んでしまいましたが地獄で閻魔相手に国盗りをしているかと思いますので、私はこれからも志々雄様を応援しようと思います!


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ