「主に泣いてます」絶世の美女は世渡り上手でなくてはならないらしいomoni1

⇒美女はこんなに大変らしいよ!立ち読み無料のeBookjapan

【「主に泣いてます」という謎タイトルのマンガ(笑)】

モーニング連載、東村アキコさん作のクスッとくるマンガ「主に泣いてます」。

このタイトルから想像して、

悲しい漫画なのかと敬遠している方はモッタイナイ!

予想を裏切る内容なので、立ち読みだけでも是非!

無料のお試しだけでも、どういう話なのかつかめます。

私も読む前は、

「ずっと何かを引きずって泣き暮らしてる女性の話かなぁ?暗いストーリーだったらやだなぁ」

と思いつつ、気になってチラ読みしてみたら・・・オモシロイ!

いつの間にかドラマ化されていたとは・・・しかもあの菜々緒ちゃんがヒロインです。

罪な美貌のセクシーな大人しい女性が、あまりに美しすぎて苦労し、

それで「主に泣いて」るんですね。非常に生き辛いタイプの人です。omoni2あまりの美しさに男性が寄ってきて困る、だけど本人は調子に乗ることなく、

非常に大人しい善人なのです。悪気なんて一つもない。

だけど、どこにいっても好意を寄せられ、セクハラされ、ストーカーに遭い、

同性からは嫌われ、苦労続き。

気が強ければ撃退もできるでしょうが、

ホンキでおっとりした性格ゆえに、常に悩み、メソメソしているんです。

それでヒロインが画策するのは、とにかく変装して頭のオカシイ人に徹すること!

ヒロインはスタイルも超絶SEXYなので、顔だけでなく

ボディラインまで隠さなきゃいけないんですよ。

かわいそうですね~、ここまで来ると(笑)。

美貌の女性って、フツウの女性からすると

「さぞいい思いをしてるんだろう」

周囲からねたまれ、嫌がらせをされますが、

ひそかに見えないところでこういう妙な苦労もあるんだろうな・・・と思います。

まあ、それでも美貌はないよりあるほうがいいんでしょうね?たぶん・・・(笑)

だって、こんなにモテモテなんですから♪

それにしても、ちょっとは調子に乗ってもよさそうですが、

このマンガのヒロインは、ぜんぜんそういうのに興味がない。

むしろモテたくないんです。

このひかえめな性格が、またモテる要因ですが、

同性からは「いい子ぶってる」とさらに妬まれる悪循環に!

美人すぎる美人は大変だ・・・(笑)

⇒ここまでやるか!?美女ヒロインの苦悩。「主に泣いてます」無料立ち読みはこちらから

【美女を守るサバサバ女子の存在。いましたねこういう人(笑)!】

sabasabaこの「主に泣いてます」マンガには、

美貌のヒロインを守り助け続ける、サバサバした女友達が出てきます。

こういう関係、ときどき見かけますね!

私も女子校育ちなので、美しくおとなしい女の子には、

必ず男っぽい騎士(ナイト)役の女の子が付いていました。

それで、美貌に嫉妬しいじめてくる女集団を蹴散らすんですよ。

このマンガは、それの行き過ぎバージョンというところでしょうか?

フニャフニャしたか弱いタイプの美女って、「媚びてる」と敵視されやすいですが、

作りこんだキャラではなく、もともとそういう性格の人もいる。

でも、気の強い女子からすれば、”か弱さ”も嫉妬の対象になってしまいます。

「あんなに男性に守られて・・・許せない!」って感じでしょうか(笑)。

か弱く振舞いたくても振舞えないタイプの女性も、この世にはたくさんいるので、

天性のか弱さに反感を抱くものなんでしょうね。

⇒か弱さすら、罪!?サバサバ系友人が頼りです。漫画「主に泣いてます」

まあ、とにかく美女すぎて生きるのがツライ人は読んだほうがいいマンガですし、

美女に反感を抱いている人も読んだほうがいいマンガかもしれない(笑)。

「美女=性格が悪い」っていうのは偏見です。

私のまわりにも美女で性格のいい人はいっぱいいました。

(もちろん、悪女タイプの美女もいたけど)omoni3この漫画は、真剣に読むタイプでなく、笑いながら軽読みする感じの漫画ですが、

すっごくモテてモテて困っちゃう人の心理を理解するためのバイブルでもある(笑)。

そして、この美女に魅せられた男性たちもいっぱい出てくるので、

今現在、絶世の美女に恋している男性にもオススメです。

⇒そこまでやらなくても・・・!(でも笑える)美女の宿命「主に泣いてます」無料立ち読みへ(eBookJapan)


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ