ジブリ『思い出のマーニー』をやっと観たけど予想外に泣いた・・・⇒こんなストーリーだとは思いもよらず・・・!友情物語ではなかった「思い出のマーニー」原作はコチラ(eBookJapan!無料立ち読み)

【監督が変わって作品の色合いも変わった。子供向けには見えない】

2014年に日本でアニメとして公開された「思い出のマーニー」。

もともとはイギリスの児童文学作品ですが、ストーリーは原作とは異なります。

スタジオジブリ・米林宏昌監督によるもので、「借りぐらしのアリエッティ」以来の作品。

今までのジブリの監督さんが一切かかわっていない作品です。

主役が2人の少女というのはジブリでは珍しいかも?

作品公開前は、そのポスターで話題になっていました。

キャッチコピーは「あなたのことが大すき。」

二人で手を恋人繋ぎにしています。「こ、これは・・・!」と

憶測が飛び交いました。「ジブリ初の少女同士の恋愛物語なのでは?」と。

左側のボーイッシュな女の子はまるでジェンダーレス女子だし、

右側の金髪の女の子はいかにもな乙女なお嬢様。しかも・・・

「あの入江で、わたしはあなたを待っている。永久に―。」

・・・フォーエバーラブ宣言!

一時的な恋物語でもなく、けっこうディープに直球な愛の誓いを投げかけます。

でもこの時代の流れだし、「そういう試みもいいかもしれない」などと思ってました。

が、観る機会を逃したまま時が過ぎ、ついにDVDをレンタル。

⇒最後にどんでん返しが待っていたのに全然読めなかった・・・!「思い出のマーニー」原作はコチラ(eBookJapan!無料立ち読み)

【海の描写がスバラシイ!彩色にこだわった作品】

本作品を観ないうちに、たまたまTVドキュメントで

制作秘話みたいなのをやっていたんですが、

舞台となる建物(洋館)の色塗りの試行錯誤っぷりをみてビックリしました。

「こんなにこだわって作られているのか・・・!」と。

向かって右の光の当たった出窓の演出とか、それはそれはもう凄かったです。

背景の森の暗さとか、影の描き方とか、何度も何度もイメージどおりになるまで

やり直していました。ちなみにこの窓は、金髪の少女が現れる場所。

金髪少女の名は、タイトルの「マーニー」。

そして黒髪ショートの主役は「アンナ」といいます。

アンナはもらいっ子で病弱。人の輪に入っていけず、感情を外に表さない12歳です。

育ての母親にもあまり心を許さず、いつも鬱屈している。

喘息の調子もよくないので、療養に空気の良い親戚のところにお世話になりにいく。

そこで金髪のマーニーと出会います。

私、最初は勝手に「ひと夏の友情物語かな?」なんて想像してました。

夏の終わりとともにお別れ。でも少女は殻を破って成長・・・みたいな感じを想像しました。

でもぜんぜん違った!ショックでした。

途中で、「物語の主旨がつかめない・・・」とちょっともどかしくなり、

さらに観進めると「これ、幽霊話?」とフシギに思ってしまった。でも、

最後の最後に「ええー!」てなりました。いろんな衝撃が入り混じり、涙。

「アンナとマーニーにはそんな接点があったなんて!」と、

物語の起承転結の上手さにただただ感動。「なるほど・・・!」と

まるで難事件を解決したかのような気持ちにさせられました(笑)

 

途中までは分かりづらく、終盤になって畳みかけるように種明かし(?)されていきます。

まったく恋愛モノではありませんでした。かといって友情モノかどうかも謎です。

愛情モノ・・・になるのかな?なんと書いていいか分かりませんが、

観た後に尾を引く良作だと感じました。余韻に浸れます。

⇒「そういうことだったのか・・・!」と腑に落ちて後味がいい!「思い出のマーニー」原作はコチラ(eBookJapan!無料立ち読み)


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

比較なんて面倒だ!という方は電子書籍の最大手「ebookjapan」にしておけば間違いなし!
「ほとんどの作品が無料試し読み可能」
「1冊づつ購入可能」
「お得なキャンペーンが多すぎ!」
「ポイントが貯まってまた買える!」
「マニアックな作品も多数あり!」
「雑誌、写真集、小説なんでもあり!」
って感じで初めて使う方でも、探している漫画がある方でも、このサイトだけで十分満足できちゃいます。 button_001
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ