「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦作品は笑えてちょっとほろ苦いyoruotome_morimi

 

森見登美彦ワールドオススメは?

今や大人気作家の1人として名を連ねている、森見登美彦先生

「太陽の塔」で2003年にデビューして以来、「四畳半神話大系」「有頂天家族」など、京都を舞台にした笑えてちょっとほろ苦い名作を多く生み出してきた小説家です。

そんな森見登美彦先生の作品群のなかで私が特におすすめしたいのが、「夜は短し歩けよ乙女」

冴えない男子学生である「私」と、可憐でちょっと天然な「黒髪の乙女」の二人を主人公とするラブストーリーです。

この「夜は短し歩けよ乙女」は、「私」のちょっと格式ばった語り口調と、「黒髪の乙女」のかわいらしく天真爛漫な語り口調が交互に展開され、どのラブストーリーにもない独特の雰囲気があるのです。

 

「夜は短し歩けよ乙女」のもう一つの持ち味は魅力的なキャラクター

「ラブストーリーってヒーローとヒロインにしかスポットが当たらないし、なんだか視野が狭い気がする…」

そういう意見、たまに耳にしたことありませんか?

確かに、作家さんの腕によってはヒーローとヒロインにしか個性が与えられていなくて、周りは2人のためのお膳たて…そういった狭い話になってしまっている場合もあります。

しかし、「夜は短し歩けよ乙女」ではそんな心配もいりません。

森見登美彦先生の小説の魅力は、サブキャラクターがメインキャラクターに劣らず個性的だという点があげられます。

もちろん、「夜は短し歩けよ乙女」もその例に漏れず、「私」と「黒髪の乙女」以外のサブキャラクターも個性豊か

天狗を自称する風変わりな青年や大酒飲みな絶世の美女、得体の知れない富豪の老人や春画集めが趣味のダメ中年

いずれも「夜は短し歩けよ乙女」の物語を引っ掻き回したり、盛り上げたりする濃いキャラクター達が勢ぞろいしています。

 

まだまだある、森見登美彦ワールドの魅力

「夜は短し歩けよ乙女」に代表される森見登美彦先生の小説は、大体にしてあたたかくてハートフル

「夜は短し歩けよ乙女」、「四畳半神話体系」など、恋に友情に大わらわする作品。

「有頂天家族」のように家族の愛にほろりとくる作品。

どれも笑えてちょっぴり切なくなる名作ばかり。

また、純文学を連想させる真面目な文体と阿呆な描写も、森見登美彦先生の作品の特徴です。

文体だけなら大真面目なのに、言ってることはめっぽうおかしい、そんなギャップに思わず吹き出してしまうこと間違いなしです。

この機会に、森見登美彦ワールドに浸ってみませんか。

スポンサードリンク





当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ