【NARUTO】冷血なる兄、うちはイタチの魅力に迫る
こんにちは、エルリアです!

今回は【NARUTO】の中でも1.2の人気を誇るうちはイタチの経歴や魅力について語りたいと思います

うちは随一の天才、うちはイタチ

123

サスケが追い求める謎多き忍、うちはイタチ

彼はNARUTOの物語において、非常に重要な役割を担ったキャラであり

その容姿と濃い設定から一部に絶大な人気を誇る超イケメンキャラです

イタチは木の葉隠れの里の抜け忍でうちはサスケの実兄

うちは一族でも抜きんでた実力者であり、7歳で忍者学校を主席にて卒業

8歳でうちは一族に代々伝わる血継限界の写輪眼を開眼し、10歳で中忍に昇格。

13歳の時には暗部の部隊長を務めていた程の紛うことなき、うちは一族切ってのエリート中のエリート

サスケを除くうちは一族を抹殺した張本人

ある日、突如としてイタチは自らの親や仲間を含むうちは一族をその手にかけ

サスケを残して一族を滅ぼした

その際、写輪眼の上位種である万華鏡写輪眼を開眼する事になる

この万華鏡写輪眼はうちは一族の長い歴史の中でも、開眼に至った物は数名しかおらず

開眼の条件として「最も親しき者をその手で殺す事」「最も親しき者の死を経験する事」のどちらかであると言われている

イタチはこの事件をきっかけに、木の葉の里を抜け、大量殺人を行ったS級犯罪者の抜け忍として全ての里より指名手配を受ける。

サスケの兄に対する復讐心もこの際に宿ったもの。

里を抜けた後イタチはと呼ばれる犯罪組織に身を寄せ、表舞台に立たず密かに暗躍を続けて行く

過剰な程にサスケ思いの兄イタチ

middle_1247177985

うちは一族をその手で抹殺したイタチだが、唯一実の弟であるサスケは殺しておらず

また、幼少期よりサスケに対して思いやりの強い場面も多く描かれている

イタチの起こした一族抹殺事件は、その実

木の葉隠れの里とうちは一族の間にある深い確執が原因の発端

そしてイタチの取った行動の全てはなんとサスケを守るための行動だったのだ

天才故の苦悩に悩まされ、里と一族の確執や暗部の任務に翻弄されたイタチだが

愛する弟だけはどんな事をしてでも守りぬく

そんな強い志を持った忍であり、また1人の立派な兄でもあった

NARUTOではそんなイタチの過去の経歴や事件の真相が非常に緩やかなペースで明らかになって行き

最終的にサスケもその真実に直面する事となるのだが…

是非その悲しい物語の詳細部分については、皆さんの目で見て確かめて欲しい

NARUTOをスマホで【無料立ち読み】できるサイトはこちらです!


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ