「ナニワトモアレ」のいかれたキャラクターたちnaniwatomoare

「ナニワトモアレ」のいかれたキャラクターについて

このマンガは前作「なにわ友あれ」の続編のマンガです。

80年代大阪で実際に起きていた「暴走族」「走り屋」の物語です。

本当に、最近の不良とは桁違いの野蛮で熱い世界です。

ここにでてくるキャラクターは「名前」のみしかでてきません。

「名前」のみの「ニックネーム」です。

「ぐっさん」「がっちょ」「かわちん」などマンガみたいな名前です。

ストーリーは走り屋同士の喧嘩、チンピラへの報復、もう喧嘩、喧嘩、走りについてばかりです。

 

グレーゾーンの世界

大人の世界では解決しない。白と黒のグレーゾーン

ヤクザの世界まではいってないけど。グレーゾーンがここにありました。

実際に80年代の大阪の環状はこんな感じだったようです。

私がものすごい印象的と感じたシーンがあります。

現在は「ETC」があるため不可能ですが、お金を払うことなく高速を走る。

お金のかわりにヤングマガジンを高速のおじさんに渡して高速道路に侵入するような連中にびっくりです。

まあ「ナニワトモアレ」はマンガのみで実際「テレビ」「映画」は不可能なくらい怖い描写があります。

女の子に乱暴して監禁して、シンナーつけにするような表現もたくさんあります。

そのほかにも下ネタも凄いことからなかなか映像化できる作品ではないことは確かです。

 

そんな世界観でも虜にさせる熱さ

そんなこんなで関係なく、このマンガのアツさの虜になりました。

だって最近は、自分の知り合いをれいぷされて、そいつに報復するような熱い不良なんてなかなかいません。

そんな昔堅気な感じが好きになりました。

その上、主人公の「ぐっさん」の好きなフレーズがあります。

フリングというチームともめた際に

「ケツ持ちのヤクザでもなんでも呼んでこい」「いくらでも呼んでこい」

簡単に言ってしまうところがたまりませんでした。

どんなルールも心の中に熱い一本筋が通った人間には関係ないなって感じました。

私も強い大きな核がほしいです。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ