「MONSTER」浦沢直樹マンガの№1!名前のない怪物はどこへ…?

♥ライターちゆゆんです♥

【浦沢マンガでイチオシ!時を経ても傑作のまま「MONSTER」】

浦沢直樹マンガって、明るい爽やかモノ(「Happy!」「YAWARA」など)と、

ダークなサスペンス系とがあるけど、

浦沢さんいわく「ダークもののほうが得意」とのこと。

私も浦沢直樹さんのマンガでは、断然暗いストーリーのほうが面白いと思う派です。

中でも「MONSTER(モンスター)」は浦沢マンガの最高傑作じゃないかな?

って個人的に思います。

 

大きな権力の世界では、たったひとつの”選択ミス”が命取りになることがあります。

MONSTERの主人公、「ドクター・天馬(テンマ)」は、凄腕外科医として出世街道まっしぐら。

院長の美人娘と婚約し、ゆくゆくは大病院の院長と目されている。

でもある日、2例の救急患者の手術を同時に任せられた主人公は、

命の選別を行ってしまうんです。

一人は有名な政治家、一人は一般人の少年・・・。

ドクター・天馬(テンマ)の誠実さが、自身の運命を一転させてしまう。

患者のための医者である」ことを選ぶのか、

病院のための医者である」ことを選ぶのか。

MONSTER冒頭では、このようにいきなり重い展開が待っています。

【ドクターテンマが自分の地位を省みず救った命。これが災いの始まり】

「自分が救ったものは、モンスター(怪物)だったのか・・・?」

ドクター・テンマの恐怖はここから始まります。

「自分が救った命は、救うべき命ではなかった」と察したテンマは、

一度救った命を奪うべく、すべてを捨てる決意をします。

「ドクターテンマが救った少年は、いったいナニモノなのか?」

「少年は、どこから来て、何をしようとしているのか?」

たくさんの命を奪いながら姿を見せない”モンスター”。

それを阻止するべく、追いかけるドクター・テンマ。

その過程で、だんだんと明るみになるドイツの黒い歴史・・・。

浦沢直樹さんのマンガの絵の中でも、とくに定評があるのが”人物の表情”です。

セリフがなくても、表情だけで読者にいろんなことを語りかける。

コマ割りも素晴らしい。私、このマンガを読んでいる途中、

あるコマを見て、本を放り投げそうになりました。あまりにもビックリして・・・。

ナゾ解きのハラハラの最中に、めちゃくちゃ心臓に来るコマがあったもので・・・笑。

(非グロシーンだというのに)

とにかく驚いて・・・。読んだ人に聞いてみたら、やっぱり

「あのシーン見て、うっかり本を落とすところだった」とのことでした!

ほかにも本の作りに仕掛けがあることもあります。

とにかく先々が早く知りたいので、ガンガンページをめくってしまいます。

私は、3,4回くらい全体を読み返して、やっと”なんとなく”全体像がつかめるようになりました。

途中でストーリーを頭の中で整理するのが難しくなる部分があります。

(私の理解力が乏しいだけかな?)

結末が衝撃的。ここで内容を書くのは不可能なので、読んだままに感じるしかない(笑)!

私、「MONSTER」に惚れこむあまり、これを買ってしまいました(上)。

「MONSTER」の関連書籍(絵本)です。

そのくらい興味深い漫画でした。イチオシ!!


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ