【退廃×耽美】「ライチ光クラブ」古屋兎丸の描くえげつない少年劇!hiari

>>残酷歌劇「ライチ光クラブ」をebookjapanで無料立ち読み!

【日本の劇団「東京グランギニョル」発・古屋兎丸によるお耽美マンガ】

気味の悪さと美しさ、退廃と浪漫など、独特の要素をMIXさせた、

「エロ・グロ・ナンセンス」を特徴とする劇団「東京グランギニョル」。

もともとはフランスの見世物小屋「グラン・ギニョール」が語源。

とにかく”シュールで血なまぐさい、突拍子もない”内容の芝居のこと。

この「東京グランギニョル」劇団で、漫画家の古屋兎丸(ふるやうさまる)氏

手がけたのが「ライチ☆光クラブ」です。

かなりアクの強い作品なので、「ムリな人には到底受け入れがたい」内容。

絵柄は美しいんだけど、大正浪漫をグロくさせたような世界観なので、

キワモノ的扱いを受けることが多いと思います。

ふつうの本屋さんに置いてあることはマレで、ビレッジバンガードなんかに

よく並べてあります。つまり”サブカルの極み”的存在なのです。

でも、芸術作品としての評価はすこぶる高く、

東京グランギニョルのメンバーもそうそうたるもの!

丸尾末広(まるおすえひろ)の「少女椿」などが受け入れられるなら、

この「ライチ☆光クラブ」もOKかも?

【漫画「ライチ☆光クラブ」のストーリーは独特!好きな人はハマる】

「ライチ☆光クラブ」には、思春期の屈折した男子学生が多く登場。

絵柄は荒俣弘の「帝都物語」を思わせ、

ストーリーは中二病をとことんこじらせたような感じ。

思春期男子の独特のナルシズム女性への思い込みを突き詰めた

放課後の危険な思想活動みたいなものが描かれます。

大人になることを拒み、少年期特有のみずみずしさを命がけで守ろうとする少年たち。

大人の成熟した女性をけがらわしいものとし、美少女崇拝意識を強めるクラブ、

それが「光クラブ」です。

ナチス・ドイツを思わせるファッションを身にまとい、

美少女を拉致してその存在を崇めようとするクラブの指導者「ゼラ」少年と、

それに反発する健全なクラブ創設者・「タミヤ」少年との戦い。

「ゼラ」は美少女を拉致するための人型ロボット(原動力はライチの実)で、

美少女カノンをさらい監禁するが、少年愛の傾向にある光クラブ内では

この美少女をめぐり、少年同士でさまざまに確執します。

どんどん人が血みどろで死んでいくんですが、

これは”残酷歌劇”なので、シュール設定でも許されるのです。

でも、シュールな中にも真実をえぐるような描写やセリフがあったりして、

ドキッとさせられるんです。jyou

ge少年たちの後ろ暗い秘密組織「ライチ光クラブ」が発足する前後のエピソードとして、

「ぼくらのひかりクラブ」(上・下巻)があります。

「ライチ光クラブ」を読むのであれば、3冊まとめて読むのがオススメ。

(まずは順序として本編「ライチ光クラブ」から読みましょう!)

というより、どれか1冊でも読んでハマれば、3冊すべて読みたくなることマチガイナシ!

試し読みの時点で、ハマるかハマれないかはすぐ判断できると思うので、

ちょっと興味のある人は「ebookjapan」で無料立ち読みしてみましょう。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ