酷すぎる!「ライフ」壮絶なイジメ漫画。ありえないけどなぜかリアル

【イマドキ女子高生のイジメに切り込んだ話題作「ライフ」】

♥ライターちゆゆんです♥

「これ、すごすぎるから読んで~。もうほんと、衝撃。」

と友人が貸してくれた漫画。いやー、キツいです。

でも最後まで読んじゃった。すごすぎて目が離せなかったので。

 

小学校~高校にかけて、大なり小なり誰もが女同士のイザコザを経験しているハズです。

もちろん、私自身もそれはそれはイロイロありました。

いじめる側、いじめられる側、傍観者、それぞれの立場を体験しました。

毎度「いつの間にかグループ対立に巻き込まれる」というカタチで。

でも、どの立場に属しても、イジメ問題はツライ、痛々しいもの。解決もできない。

多感な時期だからこそ、余計にこたえます。

将来、いつまでもココロのキズとして背負っていくことになります。

ただ、自分が望んでなくたって、「女の園」にいると、こういう面倒ごとは避けて通れない。

 

この「ライフ」という漫画の内容は絶望的にヘビーです。

自分は、「イマドキだとこういうイジメになるんだろうなぁ・・・」といった感想を持ちました。

私の時代はもうちょっとイジメの仕組みが単純でした。

まず、ネット環境がなかった。あと、恋愛沙汰が今ほど多くなかったので、

その差は大きいかな?と思います。

 

でもカタチはどうあれ、周囲でイジメがなくなったことはありません。

普遍的なテーマだからこそ、この漫画は愛され、読み続けられるんでしょうね。

【自分で折り合いをつけていくしかないんです。誰も救ってくれないから】

「人に嫌われるのがこわいくせに」。

そう、人に嫌われるのを恐れてたら、他人のいいなり人生になっちゃうんです。

でも、これを克服するにはものすごいエネルギーが必要。

もともと人にどう思われようが平気な人は、強いからOKなんですけどね。

でも、「グループに属してないとイヤだ」「ハブられるのはイヤだ」と体を硬くしていると、

こんな風にいいようにもてあそばれるのが世の常です。残酷だなぁ。

 

「ハブりたいならハブレば?」

とガツンと言えたら勝ちなんですけどね~。なかなかそうはいかない。

 

もしイジメに屈しそうになったら、「逃げちゃえばいい」と私は思います。

学校に行かなくてもいいんです。精神が壊れるくらいだったら。

だけど、狭い世界にいる学生たちは、「学校社会=この世のすべて」。

逃げ場がないように感じて、もがき苦しむんです。

 

まずはココロの持ちようとして、「好かれようとしないこと」。これが第一だと思います。

この「ライフ」の主人公は、愛想笑いばかりして、みんなに嫌われないように振舞っている。

けっきょくコレも八方美人なだけ。周りにはバレてるんです。

見てる人は見てますからね。

それで、いつも一匹狼の強い女子から「あんた、笑うのヘタだね」と図星すぎる指摘を受けてしまう。

弱いココロを克服するために、自分に喝を入れるために、儀式のように腕にキズをつけていく主人公。

「リストカットはこうやって始まるんだ」とこの漫画で学びました。

でも最終巻では、この笑顔!

何か吹っ切れたような表情。すばらしいです。

こういう”残酷なほどのイジメを乗り切った”経験は、その後の人生ですごく活きてくる。

この「ライフ」の作者のもとには、イジメ経験者からの手紙が殺到したそうです。

「私も同じです!」と・・・。

こんなあり得ないほどのイジメが、全国各地で起きているんですね。

イジメに悩める人たちのバイブル。学生さんだけでなく、オトナも読んだほうがいい作品です。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ