伊藤潤二~魔の断片に収録の「黒い鳥」がいろいろとヤバすぎる!mano-kakera

⇒伊藤潤二新作『魔の断片(かけら)』収録の「黒い鳥」があまりにもヤバイ(笑)電子書籍なら「BookLive!」へ

【この絵だけで狂気・・・伊藤潤二の画才がスゴイ(笑)】

kuroi-tori1

「クチャ クチャ クチャ」・・・。

なにかをモグモグしている女の顔が怖すぎな伊藤潤二作品『黒い鳥』

もうこのバナーを見ただけで恐怖(&笑い)がこみ上げてきます。

「毎晩現れ 咀嚼したアレを…」の”アレ”って何!?と全力でツッコみたい!

シュールホラー漫画の奇才・伊藤潤二先生が久々に発刊された漫画ですが、

中でもこの「黒い鳥」は格別にシュールなストーリーでしたのでご紹介します。

とはいっても、このストーリー、”謎かけ要素”が強いんです。

パラレルワールド(並行世界)もテーマになっているようなので、

あらすじを書くのが難しい。でも、kuroi-tori2

伊藤潤二先生のファンとしては、この不気味な女の絵だけでかなり満足だったり(笑)。

<山でひと月もの間 生き延びられたのは 厚ぼったい唇の女性が>と解説があります。

いったいどういうこと・・・!?ってなりますよね(笑)

⇒唇、分厚すぎ!?(笑)この女の口の中身は・・・?魔の断片収録「黒い鳥」、BookLive!で読もう!

【「黒い鳥」の奇妙なあらすじ】

バードウォッチャーの「久米」という男が主人公。

久米が山をうろついていると、「森口」という遭難者に出会う。

森口は足を骨折し1ヶ月山に取り残されていたが、その割に栄養状態は良い。

診察した医師は首をひねった。

森口を入院させ、安心した久米は帰宅しようとするが、

森口がただならぬ様子で「今夜はここに止まってくれ」と懇願。

その夜、森口は唇の分厚い女に馬乗りにされ、何かを口移しで食べさせられていた。

女が消えたあと、森口が口の中のものを吐き出すと、生肉であった。

聞くと、森口は山で遭難中、この女に毎日口移しで食料を与えられていたらしい。

女に咀嚼された生肉らしいが、なんの肉かは分からない。

おびえる森口のために、久米は病院で寝泊りする。

翌日の夜、女が口移しに森口に与えたものは、なんとヒトの目玉であった。

久米は女のあとを追うが、女は翼を背中に生やし、鳥の姿になって空に逃げた。

女は現れなくなり、森口は退院。東京へ戻っていった。

しかし数年後、森口は富士山麓で死体になって発見された。

久米が調査したところ、森口が入院中食べさせられていた人肉は、

なんとDNA鑑定で、森口自身の人肉であったと判明。

「これはいったいどういうことだろうか・・・?」

久米は森口のことを思いながらバードウォチングをしていると、

あのクチビル女が襲いかかってきたのであった―。

 

・・・で、その後はすごい展開になります。

シュールホラーでありながら、どこか文学的な雰囲気すら感じさせる。

伊藤潤二先生の作品は、どれもこれも一筋縄ではいかないストーリー。

余韻が残り、「あれはどういう意味だったのかなぁ・・・」としばらく考えてしまう作品ばかりです。

⇒久米はその後どうなるのか?「黒い鳥」とは一体?気になる続きはBookLive!で


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ