お気に入りのマンガといえば黒バス、キャラはやっぱり・・・9784088802114

お気に入りのマンガといえば黒バス、キャラはやっぱり・・・

黒子のバスケ・・・このマンガにはいろんなキャラが出てきますが、一番のお気に入りはやっぱり木吉でしょう。

「楽しんでこーぜ」 この決め台詞にプライベートでも何度助けられたか

決して派手ではないが、地味でもない。

すごい切れ者で知恵と勇気を兼ね備えたスーパーマンみたいな男なのに、それが前面に出ることなく。

でもその熱い思いがひしひしと伝わってくる人柄は理想の上司そのもの

守られてる、ってだれもが感じるすばらしい人物ですね。

ひざをつぶされても、バスケが出来なくなっても、自分と仲間を信じるその心は忘れかけた日本の体育会の良さを思い出させる。

普段の生活での天然なキャラも実は計算されたものなのか、と思うくらい自分の本心とのギャップを感じるがそこがまた良いところかも。

木吉の次のお気に入りキャラは・・・

伊月かな。

冷静沈着、判断力、周りを活かす力、でも実は超意地っ張りで負けず嫌い

バスケはキレキレなのに、”超” が何個着くか解らないくらいのダジャレ好き

ネタ帳書いてる姿やダジャレがヒットしないときの悲しそうな顔は憎めません。

洛山戦での葉山との対決は見ごたえありました。

凡人(ではないのだが)のプライドで天才に立ち向かって、周りを使って相手を倒す、これぞポイントガードですね。

黒バスの良さは・・・

08874694

黒バス、キセキの世代に立ち向かう黒子たちのチームがモチーフになってますが、思うにそこにあるのは天才vs凡人、でも凡人であることのほうが難しく、人間に素直に向き合う必要がある、っていうことを説いているように思います。

好きなものを好きと言い続けられること、守りたいものを守るにはどうすればよいのか。

自分が好きなものを極めるために、負けることを恐れず、努力することの大切さと美しさ。

負けてもまたやろう、と思えるのは本当に好きだからこその思い。

天才も人、凡人も人

好きなものにひたむきになる、なれることの楽しさと美しさ。

忘れかけてた純粋さと努力の楽しさを思い起こさせるこの作品は、木吉や伊月のような素晴らしいバイプレーヤーによって確立されてるように思います。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ