進化が凄まじいマンガ「黒子のバスケ」kurobasu

週刊少年ジャンプで藤巻忠俊さんにより連載された、高校男子バスケットボールマンガ「黒子のバスケ」

小説・アニメ化もされ、連載が終了した現在もジャンプネクストにて続編「黒子のバスケ-EXTRA GAME」が連載され、劇場版の制作も決定しています。

ジャンプ史上最も「影のウスい」主人公・黒子テツヤと、未知の才能を秘めた火神大我。

彼らを取り巻く個性豊かなキャラクター達と、天才的な能力をもつ〈キセキの世代〉との激闘にまだまだ目が離せません。

【ストーリーと画力の進化が凄まじい】

夏のインターハイまでは他のスポーツマンガでもお馴染みのストーリーですが、その後の展開がとにかく凄まじい

後半になると1試合につき1.5?2巻以上のボリュームになっていき、展開も二転三転して予想もつかない結末を迎えます。

また、キャラクターの筋肉の描写も細かくなり、背景の観客席や大会会場の描写も精密になっていき、段々と画力が向上していく様子は見物です。

また、単行本での「黒子のバスケ」イラストコーナーや質問コーナーでも、読者に対する藤巻忠俊さんのコメントがおもしろすぎてとにかく楽しめます。

 

【「黒子のバスケ」アニメ化は大成功!!】

私自身マンガのアニメ化は基本抵抗があるほうで、「黒子のバスケ」のアニメ化が決定した当初は是非見たいと思う反面、「キャラクターを美化しすぎてキラキラにならないだろうか…」と不安だらけでした。

そして始まったアニメ「黒子のバスケ」を視聴した感想

製作スタッフに感謝!!

声優や主題歌も豪華で、原作を崩し過ぎていないクオリティの高い作品になっています。

時々キャラクターの技の表現が別次元に行き過ぎてないか?と思う部分もありますが、そこはご愛嬌で。

キャラクターは少しカッコ良すぎないか?とも思いましたが、逆に「「黒子のバスケ」の○○くんがカッコイイ!!」という女性ファンの獲得に成功し、キャラクターソングやドラマCDもどんどん発売されました。

アニメも3期に渡って続き、「黒子のバスケ」アニメ化は成功したんだなあとしみじみと思いました。

 

【原作絵のグッズがもっと増えてほしい…】

アニメ「黒子のバスケ」が大ヒットしたお陰でたくさんの「黒子のバスケ」グッズが販売されましたが、原作絵のグッズがとにかく少ない。

アニメイラストのグッズも良いのですが、たくさんの線が書き込まれた原作絵のほうが好みな私としてはそちらのグッズも増えてほしいのですが、なかなか見つからない…。

そんな私が過去に見つけて即購入したのが「黒子のバスケ」のトランプ

カード一枚一枚に各校のキャラクターの原作絵が描かれており、私にとっては願ったり叶ったりのグッズでした。

早速購入した帰りにカードファイルも購入し、一枚一枚現在も大切に保管してあります。

他にも原作絵のクリアファイルも購入し、ボロボロになるまで学校で使っていました。

これからも原作絵が描かれた「黒子のバスケ」グッズが増えていくことを密かに願っています。

「黒子のバスケ」は単行本全30巻の他に小説・キャラクターズブック・ファンブックも発売されています。

アニメ・ゲームも発売されて、多方面で人気の作品なので一度原作のマンガを読んでみてください!!


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ