ネタバレ有!民宿を舞台にした「海月と私」の魅力と美人仲居の謎

出典:amazon.co.jp

《ネタバレ》「海月と私」のあらすじと感想

「海月と私」は、従業員たった二名の海辺の小さな民宿で繰り広げられる人間ドラマを描いた、オムニバス形式の漫画です。

調理担当の寡黙な男主人のもとに、ある日謎の美女・梢が訪れ、彼女に丸め込まれる形で住み込みで働いてもらうことになります。

自分のことを語ろうとしない梢と、不器用な男主人の微妙な関係性とほのかな恋の予感が全4巻に渡って描かれます。

ほっこりするお話が多く、登場人物の梢のあっけからんとした性格、そんな梢に振り回される不器用な男主人が可愛らしい作品です。

美人仲居・梢と男主人の民宿での日常

海辺のちょっと寂れた民宿『とびうお荘』ですが、男主人の作る絶品料理が人気で、常連客の心をつかんでいます。

そこに、明るく機転のきく梢が接客担当として現れたことで、民宿には日々お客さんが訪れます。

なかには訳ありの宿泊客の姿もありますが、梢の活躍により宿泊客の問題を解決していきます。

例えば、若い女性と初老の男性が宿泊する話では、初老の男性が負い目を感じて、若い女性を置いて逃げてしまうのですが、梢が男主人を自分の旦那さんだと嘘をついたことで、二人は晴れて結ばれます。

年下ながら臆することのない梢に、男主人はタジタジ

おじさんがたじろぐ姿にキュンとする方にはぜひ一読してほしいです。

《ネタバレ注意!》梢は一体何者なのか…?明かされる謎

出典:amazon.co.jp

突然とびうお荘に転がり込んできた梢の素性が気になった男主人は、梢に与えたパソコンの履歴を調べてしまいます。

そこにはなんと、宿を運営する上でかかせない権利関係の話などを検索したあとが…。

梢のことを疑ってしまう男主人でしたが、ある日、梢が忽然と姿を消してしまいます。

そして、男主人のもとに梢から届いた手紙には衝撃の事実が明かされていました。

実は梢は、とびうお荘のある町の大きな旅館を経営している有力者の男の隠し子だったのです。

梢は自分を有力者に認知してもらうべくやってきたのでした。

その事実を知った男主人は、民宿を一時休業し、梢を取り戻すべく有力者の経営する旅館に乗り込みます。

男主人は梢を奪還できるのか?

梢は有力者とどう折り合いをつけるのか?

そして、二人の関係性に変化が…?

続きが気になる方は、ぜひ「海月と私」を読んでみてください。


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

比較なんて面倒だ!という方は電子書籍の最大手「ebookjapan」にしておけば間違いなし!
「ほとんどの作品が無料試し読み可能」
「1冊づつ購入可能」
「お得なキャンペーンが多すぎ!」
「ポイントが貯まってまた買える!」
「マニアックな作品も多数あり!」
「雑誌、写真集、小説なんでもあり!」
って感じで初めて使う方でも、探している漫画がある方でも、このサイトだけで十分満足できちゃいます。 button_001
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ