英語で読んでも楽しい小説「キッチン」Kitchen_j

世界で読みつがれるベスト・セラー小説

「キッチン」は1988年に刊行された吉本ばななさんの小説です。

英語をはじめ、世界25か国で翻訳され、読みつがれているベスト・セラー小説でもあります。

私が初めて「キッチン」を読んだのは10代の頃で、その後英語版も含め何度も繰り返し読んでいます。

私は小説が好きで、読書量は多い方だと思いますが、「キッチン」ほど繰り返し読んだ小説は他にありません。

「キッチン」の魅力は、美しい心理描写や風景描写など、物語を綴る「文章」そのものにあると感じます。

「キッチン」のページを開くたびに、宝石のような言葉たちがいつも私を迎えてくれ、わくわくするような、安堵するような不思議な気持ちになります。

 

「キッチン」の英語版もおすすめ

 

Kitchen_e
私は大学時代の英語の授業で英語小説が必要になった時、書店に行って「キッチン」の英語版を買いました。

お気に入りの小説の大好きなフレーズが、英語だとどのように表現されるのか、とても興味深く読みました。

例えば、「キッチン」の冒頭の一文

「私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。」は

“The place I like best in this world is the kitchen.”

となり、その数行先

「いつか死ぬ時がきたら、台所で息絶えたい。」は

“when it comes to die,I want to breathe my last in a kitchen.”

となります。

英語版だけで読むのは難しくても、日本語版と照らし合わせて読んでいくと分かりやすく、小説をより深く楽しめます。

もちろん英語力もつくので一石二鳥です。

 

生きることへの希望を持てる小説

「キッチン」は、祖母を亡くして天涯孤独になった主人公みかげが、祖母の知人である雄一やその母との交流を通して再生し、希望を見出していく小説です。

苦しい現実と向き合い、人生を切り開いていくみかげの強さは、読む人の心を打ちます。

みかげの強さを引き立てる一文がこちらです。

「闇の中、切り立った崖っぷちをじりじりと歩き、国道に出てほっと息をつく。もうたくさんだと思いながら見上げる月明かりの、心にしみ入るような美しさを、私は知っている。」

生きていると、「もうたくさんだ」と思う出来事がたくさんやってくる。

それでも、絶望することで本当に大切なものが分かるようになる。こうしたメッセージが、「キッチン」にはたくさん込められています。

そして「キッチン」の美しく心に響く文章は、英語や他の国の言葉に置き換えても、やはり美しいのだと思います。

スポンサードリンク





当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ