「キングダム」読者への裏切りが続く神展開!ワクワクが止まらない!kingdom1

⇒面白いと聞いてはいたけどここまでとは・・・!「キングダム」スケールは大きく、人間関係の機微は細やかに!無料立ち読みはeBookJapan!

【キングダム。まだ途中だけどワクワクが止まらない!】

誰もかれもが「面白い」と評価していると、

なんとなく作品に手を出しづらくなる天邪鬼な私ですが、

事実「キングダム」は面白かったので感想とかいろいろ熱く語ってみます!

とはいっても、最新ストーリーまでまだ行きついておらず、

やっと秦国の大王・嬴政 (えいせい)が王弟から玉座を取り戻したところまで。

なんでも44巻が出ている今、

作者さんが「完結までにあと10年はかかるかも」と仰っていて

「もしや100巻とか行っちゃうのかな?」なんて思ってしまいます(それはそれで楽しみすぎ!)

電子書籍の立ち読みで、主人公の親友「漂(ひょう)」がいきなり死んでしまったところで

大ショックを受けつつも、予想もつかない超展開にドキドキ。

続きが気になって、マンガ&アニメの両方に手出ししてしまいました。

shin-sei

「群雄割拠時代の広大な中国を1つにまとめたい」という壮大な夢に向かって

主役である「信(しん)」と「嬴政」の2人が結束し昇りつめていく物語。

この2人の関係、いいですね。最初は相反していた同士&性格も真逆ですが、

だんだん馴染んできたし、互いを認め始めた感じがステキ!

信の愚直な行動力、政(=嬴政)の落ち着きや知性が互いにバランスを取り始めていて、

「この2人、どこまで行けるだろう?」

期待を寄せてしまうのです。日本の国土の狭さでは出せないビッグスケール!

漂の死は悲しいですが宿命でしたね。

ものすごく価値のある布石というか、この物語の原点でもあります。

漂の死こそ、この2人の縁を結んだものなので、

2人が中華を統一することが、漂への最大の弔いになる・・・!

⇒キングダムは漂への大いなる弔い合戦!立ち読みはeBookJapan!(無料)

【2人の周囲のキャラや敵キャラが魅力的すぎる!】

tenこれまでに登場した敵や周囲の人物がかなり味わい深くて、

ストーリーだけでなくソッチのほうも興味津々!

「寸法間違えてない?」てくらい巨大な敵も登場しますよね。

北斗に出てくる山のフドウかウイグル獄長かな?ってレベル。

でも、そんなのものともしないほど信にはジャンプ力があるので安心☆ouki

北斗のユダ様っぽい唇の「王騎 (おうき)」が日和見キャラでステキです。

「うっふーん」みたいな余裕の鼻息(?)が楽しみ。

政の瞳に未来を垣間見た王騎さん、久々にワクワクしているご様子です。

3つに分かれたおヒゲも個性的です。見た目のインパクト大!

そして、王弟・成蟜(せいきょう)はもうちょっと粘ってほしかったかも?

seikyou

あそこまで徹底した悪者キャラ、一周まわってむしろ小気味いい。

まだ幼いのに肝の座り方も半端でなく、いかにも王の血族って感じです。

兄である政は、この弟をタコ殴りにしましたが生かしておいたので、

彼も再登場の予感?ただこの目ツキですから、

そうそう心を入れ替えることもなさそう?

また、個人的に「だべだべ」言ってるベッサ族・ムタも好きです。

ちょっと金太郎っぽくてなんだか憎めなかった。

ムタって生きてるのかなぁ?あとあと再登場の予感がしませんか?

山の民は文句なしにカッコイイ!

とくに腕組みしてる仮面の人が素敵です。

テンちゃん(=河了貂)は最初から大好き♪

長い2人の旅を陰日向から支え続けてくれそうで期待!料理上手だし♪

やっと玉座に戻れた政。あるべきところに戻れた感じですが、

まだまだ先は長い。とくに信、歴史に名を刻むことができるでしょうか。

この2人がこの先ずっと命あることを願うのみです!

⇒キケンな長い歴史の旅!壮大なスケールの中国の荒波に飲まれそう。「キングダム」立ち読みはeBookJapan!(無料)

スポンサードリンク





当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ