吉田秋生「ジュリエットの海」に乙女ゴコロがトキメく!

出典:blog.livedoor.jp

乙女ゴコロゆさぶる「ジュリエットの海」!

私は吉田秋生さんの大ファンです。

最初は「BANBNAFISH」から読みはじめ、主人公のアッシュの虜になり、「カリフォルニア物語」「YASHA」など次々と読みました。

吉田秋生さんの描かれる、賢くて目のキリッとした主人公の青年たちに本気でホレています!

そして文学的でハードボイルドで、ちょっと同性愛の香る、まるで映画のような世界観が大好きです。

ですが、最近映画化もされた「海街diary」は一変して落ち着いたお話です。

面白いのですが、吉田秋生も丸くなったのね…という感じで、私的にはトキメキが物足りません…。

トキメキといえば、オススメなのが初期の短編「ジュリエットの海」です。

「カリフォルニア物語」が終了した直後に描かれたもので、絵がとてもきれいですし、文学チックで思春期の切なさを詰め込んだようなお話です。

そして登場人物の透が透明感ある美貌でキレイすぎ!なのです。

「ジュリエットの海」ネタバレ

小学校、中学校と同じ学校に通う、哲朗といじめっ子の透。

二人のおばあさん同士も犬猿の中です。

でも哲朗のおばあさんが亡くなった時、一番泣いたのは仲の悪いはずの透のおばあさんでした。

透もいつの間にか哲朗をいじめなくなり、二人は仲良しに。

文化祭で透がジュリエット、哲朗がロミオを演じたりもします。

ですが哲朗は親の都合で都会に引っ越すことになります。

高校に進んだある日、哲朗は病院で入院中の透と再会します。

透にいじめっ子の面影はなく、性格は変わらないけど痩せほそっていて、まるで女の子のような、はかなげな美少年になっていました。

そして毎日病室の窓から海を眺める日々…。

哲朗は、そんな透になぜか欲情してしまうことも。

ですが、透はどんどん痩せていき、ついに亡くなってしまいます。

透が聴きたいといっていたバッハの「主よ人の望みの喜びを」のカセットテープを哲朗は用意しました。

透の望みは「大人になること」。

でもそれは叶わず、波の音が変わらず響くだけなのでした…。

吉田秋生さんの描く透がキレイで切ない!

出典:green.ap.teacup.com

哲朗が語り部で主人公ですが、なんといっても透が魅力的です!

生意気で、憂いがあって、とびきりの美少年です!

そしてはかなくて、なんとも切ない気分にさせてくれます。

「BANBNAFISH」のアッシュや「カリフォルニア物語」のヒースからゴツさを抜いて、限りなく美少女よりの美少年にした感じです。

お話も登場する美少年も、まるで思春期の切なさを凝縮したようにトキメキます。

ベテランになられた今ではきっと描けない世界だと思います。

吉田秋生さんの若い頃の切ない乙女チック満載な「ジュリエットの海」、オススメです!


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

比較なんて面倒だ!という方は電子書籍の最大手「ebookjapan」にしておけば間違いなし!
「ほとんどの作品が無料試し読み可能」
「1冊づつ購入可能」
「お得なキャンペーンが多すぎ!」
「ポイントが貯まってまた買える!」
「マニアックな作品も多数あり!」
「雑誌、写真集、小説なんでもあり!」
って感じで初めて使う方でも、探している漫画がある方でも、このサイトだけで十分満足できちゃいます。 button_001
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ