「ヨルムンガンド」って「ブラックラグーン」に似てるよねy

⇒激しいガンアクション!ブラックラグーン好きな人ならきっとハマる「ヨルムンガンド」eBookJapan!で無料立ち読み

【武器商人の女と孤独な少年兵のガンアクション物語】

「―――僕は、武器商人と旅をした。」という

キャッチフレーズの漫画、「ヨルムンガンド」(作者・高橋慶太郎さん)。

サンデー系に2006~2012年まで連載されたマンガです。

私はアニメのほうで観たんですが、最初から「何かの漫画に似ている」と思って考えてたら、

「ブラックラグーン」にすごくノリが似ていると気づきました。

登場人物や、解説なく進んでいくスピーディー展開の物語、武器の描写など、

「ウラ社会を描いている雰囲気がすごくソックリ!」って思いました。

セリフも日本っぽくない。英語で会話したほうがシックリくる感じです。y1

主人公は、この2人です。

武器によって両親を失った少年兵ヨナ(右)は、スナイパーとしては一流の腕を持つけれど、

武器そのものを憎み、武器を扱う人々のことも憎んでいる、冷めた目をした少年。

このヨナ少年、とあるキッカケから、銀髪の女武器商人ココ(左)と出会い、

ともに旅をすることになります。

心理描写は少なく、ほぼセリフのみで成り立つストーリー。

y2

武器を憎みながらも、銃を扱う暮らしが常のヨナ少年。

初めは武器商人ココのことを遠巻きに見ていて、

「もしや殺しちゃうのでは?」とさえ思ったのですが・・・。

⇒この世から武器はなくならない!需要ある限り武器商人は必要「ヨルムンガンド」無料立ち読みはeBookJapan!

【善悪が灰色の物語。勧善懲悪でないところがリアル】

cd

ブラックラグーンに次いで、海外人気の高い「ヨルムンガンド」。

日本のアニメにありがちな、”美しすぎる夢見がちな空気”がないところが

人気を博したようです。リアリストが好むアニメ。ちょっと中二感もありますが^^

絵柄はマンガとアニメとで少し異なります。

にしても、ほんとにブラックラグーンに似てるなぁ・・・☆

タフで冷静でどこか憎めない女主人公。

最初は弱いけどいろんなことを吸収していく男主人公。

クセのある仲間とつるんでいるところ。

マッチョなおじさまが傍でいつもついているところ。

ハデなミリタリーガンアクション。

やってるのは悪いことだけど、その中に自分なりの正義があるところ。

このあたりがとってもよく似ています。

ところで、このマンガのひとつのテーマに挙げられるのが、

「平和のためには、戦争も武器も必要である」という矛盾。

女武器商人ココのセリフには重みがあります。

op

そして、私がとっても気に入ったのが、アニメ版の主題歌『Borderland』!

かなりハードでこのアニメにピッタリ。

ちなみに「ヨルムンガンド」という言葉の響きは不思議ですが、

古代ノルド語で「毒蛇」の意味だそうです。

⇒爽快ガンアクション!武器について考えさせられる漫画「ヨルムンガンド」立ち読みはeBookJapan!(無料)

スポンサードリンク





当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ