「児童福祉司 一貫田逸子」~意図的に隠された虐待を見抜けるか?jidouhukushi1

⇒意図的に隠された虐待を見抜くには?漫画「児童福祉司 一貫田逸子」立ち読みはeBookJapan(無料)

【新米の児童福祉司が、声にならない声を感じ取り・・・】

深い闇を感じさせるマンガ「児童福祉司 一貫田逸子」(いっかんだいつこ)。

主人公の一貫田逸子は、過去に友達が虐待で死んだトラウマを持つ、

新米の児童福祉司さんです。

導入編として、「小夜ちゃんのパン」というお話が掲載されています。

pan主人公には小学生の頃、

学校をよく休む女友達「小夜ちゃん」がいました。

学校に小夜ちゃんが来ない日は、給食のパンを自宅へ届ける主人公。

小夜ちゃんはじつは激しい親の虐待を受けていました。

ずっと食べ物を与えられておらず、家に遊びに来たとき

冷蔵庫の食べ物を勝手に漁って食べるのをみて、逸子はショックを受ける。

だからって、小夜ちゃんに対して、してあげられることがない。

子どもは、虐待する大人に対処するすべを持っていません。

そして、小夜ちゃんは変わり果てた姿で発見されるんです。traumaじつは私も、この話とよく似た経験を持っています。

近所の年下の女の子が、実母に殺されてしまったのです。

私は小学生の頃、この6歳下の女の子を可愛がっていました。

その子のお母さんは精神的に不安定で、

この女の子が自宅でよく叩かれているというウワサはありましたが、

本人は何も言わなかったんですね。ただ、シグナルは確かにありました。

「ちょっと変だな」と思うことが、今思うとたくさんありました。

高校生になり多忙になってからは、この女の子と私は、完全に疎遠になっていました。

ある深夜、受験勉強をしているとき、救急車の音が聞こえて、

亡くなったということを知りました。いろんな後悔や反省が私にもあります。

「助けられなかった」「何もできなかった」という自責の念。

主人公である「一貫田逸子」も、そんな思いでこのお仕事に就いたのでしょうか。

強い女性だと思います。でも私は彼女と違い、このトラウマを乗り越えて、

児童福祉司のお仕事に就く勇気は持っていない・・・。

虐待の見極めは本当に難しいことです。

でも、”疑わしき”を放置しないで家庭に乗り込んでいく主人公、

ほんとうにスゴイ女性だと思います。

⇒虐待のシグナルって?漫画「児童福祉司 一貫田逸子」無料立ち読みへ

【虐待の見極め方が分からない。疑わしい時、どうするか】

gyakutai

殺人事件になってから、初めて公(おおやけ)にされることの多い児童虐待。

「児童相談所はいったい何をやってたんだ!何のための機関だ!」

と世間は悲惨なニュースをみて怒り狂いますが、

実際に家庭の隠された事情に立ち入ることは、すごくデリケートで難しいですよね。

「どこまでが虐待か、しつけか」、傍からみて分からないことも多い。

ただの夜泣きなのか、カンの虫の強い子供なのか、イタズラをして叩かれているのか、

お腹を空かせているのか、病気なのか・・・壁の中では何が起きているか分かりません。baby私も今までに何度か、疑わしいグレーゾーンの状況に遭遇したことがあります。

真っ暗な部屋で異常に泣いている赤ちゃんの声。

寒いベランダで長時間大泣きしている子供。

でも、ただの通りすがりのおうちだったり、交流がなかったりするおうちに、

簡単に乗り込んでいくことはできません。

どうみても100%虐待だと誰もが思うのなら、通報もアリなのでしょうが・・・。

それに、仕返しも怖いですよね。もしも虐待でなかったら、訴えられるかもしれない。

また、この「児童福祉司 一貫田逸子」の漫画の中の親御さんのように、

事情があって親の方が追いつめられているケースも多い。

「関わらないほうが無難」と誰もが一瞬ためらってしまいます。

児童相談所でさえなかなか踏み込めない現場ですから、本当に難しい。

とくに家族ぐるみで隠された虐待は、なかなか表沙汰になりません。

虐待されていることを他人に言えず悩む子供は、きっとたくさんいるのでしょう。

それをうまく見つけてあげられる仕組み、何かないのでしょうか・・・。

私には思い浮かばないのです。

⇒まんがで考える児童虐待の真実。「児童福祉司 一貫田逸子」eBookJapan


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ