「イキガミ」が届いたら24時間以内に死ぬけど何して過ごす?

♥ライターちゆゆんです♥

【イキガミ(逝紙)もし受け取るのが自分だったら…?衝撃の問題作】

この「イキガミ」という漫画は、読むチャンスがあったら、ぜひ読んで欲しい!

人間として、

「世界の繁栄を選ぶべきなのか?」

「個人の命ひとつひとつを尊重すべきなのか?」

を考えさせられる、”究極の選択”みたいなマンガです。

 

現代の日本社会では、「命の尊さ」が薄れ、

いろんな問題を引き起こしている・・・というワケで、

国家による合法的なが行われます。

それを通知する紙

この紙が回ってきたら、「あなたは24時間以内に死にますよ」ということです。

18~24才の若者のなかで、1000人に1人が、この”名誉の死”を国からたまわる。

 

この死亡予告証は、通称「イキガミ」といいます。

この紙を配達する役人が、このマンガの主人公です。

 

この人からいきなり、「あと24時間で、あなたは名誉の死を遂げます」と宣告されたら、

最期の1日をどう過ごすのか?

最期の1日だけは、国の好意で、好きなことをして暮らせます。お金も使い放題です。

でも確実に、イキガミが届いた24時間後に、あなたは死ぬんです。

それまでの間、何をして過ごすのか?

いろいろ考えさせられるマンガです。

【それぞれの最期の1日に、いろんなカタチのドラマが生まれる】

本人が留守のときは、「死亡予告証お預かり表」が不在表としてポストに入っていることも。

私、こんなのが投函されてたら、この時点で心臓が止まってしまいそうです。

この「イキガミ」が届いたとき、自分がどこにいるのか、何をしているのかによって、

残る24時間を有意義に使えるかが決まってきます。

海外にいるってコトだってありえます。

最期に会いたい人が、24時間で手の届く範囲にいるかどうかも分からない。

連絡がつかないコトだってあるでしょう。

でも、「どうせ死んじゃうんだし、いまさら何をしたって・・・」という気持ちも湧いてくるし、

ヤケを起こさないとも限らないし、

この不在表に気づかなかったら、ただ死を待つのみになってしまうんです。

誰が「イキガミ」なんて制度を作ってしまったのか?

「個」より「全体」という主義は間違っていないのか?

主人公の配達員は、この冷酷な国家に立ち向かうことができるのか?

最終回まで読むのはあっという間です。


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ