わたし、気になります!「氷菓」主役2人の名前のヒミツ・・・!

♥ライターちゆゆんです♥

⇒不思議な古典部ミステリーを紐解く!「氷菓」無料立ち読み!

【ほのぼの日常学園モノかと思ったら、違った!ミステリー寄り】

深夜アニメだけど、ゴールデンタイムでもOKな気がするアニメ「氷菓(ひょうか)」。

題名から、「ひと夏の学園ほのぼのコメディかな?」と想像してたら、

見事に裏切られた感(笑)。

小説原作の作品です。

安定の作画・京都アニメーションさんの制作で、物語の舞台も京都です。

「氷菓」って変わったタイトルですよね。

なぜこんなタイトルなのかというのは、物語の中盤になってみなきゃ分からない。

ただの「アイスクリーム」という意味ではありません。

この題名についてはミステリー設定があり、謎解きが必要です。

さて、物語の主人公は「折木 奉太郎(おれき ほうたろう)」。

とにかくムダなことはしない、省エネ系男子です。

とにかくエネルギーを温存したいタイプ。

ひねくれてるワケじゃなく、真のめんどくさがり屋というか・・・。

どこか乾いたような男子生徒です。でも客観性がある。

対して、好奇心旺盛で、気になることはとことんまで突き詰めるお嬢様、

「千反田(ちたんだ)える」。

また変わった苗字です。この女の子が、物語のヒロインです。

京都のイイトコロのお嬢様らしく、言動がおしとやか!とってもかわいいのです。

口癖は、「わたし、気になります!」これ、流行りました。

この”気になるものを解明する”エネルギーに関しては、他の追随を許さない。

この「千反田える」には、ある冊子とある人物に関して、

すごく気になっていることがあるんだけど、

自分ではそのナゾが解けず、物事を客観視できる「折木奉太郎」に協力をあおぎます。

奉太郎は極度のめんどくさがり屋ですが、やむなく協力要請に応じるハメに・・・。

奉太郎は、自分の思いがけない才能に、

ちょっとずつ性格が開けてゆくような気がしてきます。

「自分と正反対の他者とのかかわりで、自分も少しずつ影響されていくんだなぁ・・・」と

この「氷菓」を観てて思いました。

ミステリーや謎を華麗に解いていく奉太郎。わたし、気になります!

⇒不思議な古典部ミステリーを紐解く!「氷菓」無料立ち読み!

【ほかにも気になることが・・・。それは2人の主人公の”名前”】


「折木奉太郎」に、「千反田える」

2人とも、変わった名前ですよね。ミステリー仕立ての物語なので、

何かここにも特別な意味が込められてる気がしてならない。

「千反田」家は、作中では”由緒ある家柄”という設定です。

この「氷菓」には、恋愛要素はすごく少ないと思うんですが、

最後に少しだけ、物語のあとに続く恋愛模様を想像させるシーンが出てきます。

もし、将来この2人の間に恋愛関係が生まれたら・・・と考えると、

2人の変わった名前に込められた意味がクローズアップされてくるんです。

 

また、「折木」という苗字も珍しいほうだと思うんですが、

この苗字、千反田えるの口癖「私、気になります!」と掛けているみたいなんですよ。

こういう「文字遊び」みたいなのが、「氷菓」作中にはいっぱい出てくるので、

この変わった2人の苗字も、その遊びの一環なのかな?と思ってます。

とにかく、京都アニメーションさんの作画は、いつも繊細で背景まですべて美しい!

メイキング映像もミドコロいっぱいでした♪

⇒不思議な古典部ミステリーを紐解く!「氷菓」無料立ち読み!


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ