「ヒヤマケンタロウの妊娠」~男も妊娠する時代がやってきたら?hiyama1

⇒働き盛りの男が妊娠!さてどうなる?「ヒヤマケンタロウの妊娠」立ち読みはeBookJapan(無料)

【1巻で完結するお話。賛否両論ながら、切り口が斬新!】

漫画「ヒヤマケンタロウの妊娠」。

”女だけでなく、男だって妊娠できる時代がやってきた!”という設定。

物語冒頭でいきなり、「ヒヤマケンタロウ」という男性サラリーマンが

医師から妊娠を告げられます。

このマンガの設定では、「男性も10人に1人の割合で妊娠する時代」。

なので、ヒヤマケンタロウは、この世で1人目の男性妊娠者ではない。

ただ、「どうしよう・・・」って内心動揺してしまいます。

というのもこのヒヤマケンタロウ、

ちょっと前に身持ちの悪い時期があったようで、

そのときにウッカリ妊娠してしまったんですね。

「相手は誰だっけ・・・?」と考えてみるけど、覚えていない(自業自得?)。

医師に「堕ろします!」って告げるも、

「男性には産道がないので、帝王切開になるし堕胎しにくい」と返される。

すごい展開のマンガです。

ヒヤマケンタロウはエリート会社員で、部長の肩書も持っている。

働き盛りだし、なかなかのイケメン(&モテる)。

彼は、望まない妊娠をしている。だけど、膨らんできたお腹を

本能的に守るような生活を始めてしまい、

そんな自分にためらうばかり・・・。

⇒男性妊娠、確率は1/10!「ヒヤマケンタロウの妊娠」立ち読みはeBookJapan(無料)

【男性がこの漫画を読んだら、不快になるんだろうか?】

ninshin妊娠、出産を経た多くの女性は言います。

「男性には女性の苦しみや不安、痛みを耐えることはできない!」と。

また、望まない妊娠の恐怖を味わったことのある女性なら、

「男っていいよね、身勝手で。損をするのはいつも女」

男性に腹を立てている。

だから、そういう男女の感覚の落差をなくそうと、よくTV番組では、

「男性も、女性の妊娠期の大変さを分かち合いましょう」と

臨月のお腹と同じ重さ&大きさのおもりをお腹につけて歩いてみたりします。

でも、うーん。実際には、ほんとうに身をもって体験しないことには、

絶対に分かり合えない部分ってあると思うんです。

(妊娠に限らず、何事でも同じですが)

”疑似妊娠体験”と”実際の妊娠”では、埋められない差があるような気がする。

だから、「男性も、女性のしんどさ、ちゃんと理解しなさいよ!」というような

叱責みたいなもの、私はちょっと不自然に感じます。

で、そこへきて、この「ヒヤマケンタロウの妊娠」というマンガ。

女性の妊娠への理解の押しつけがましさが少なくて、「いいかも?」と思いました。

マンガだから気楽だし、「男性も妊娠のしんどさをキッチリ理解すべき」という

圧力をあまり感じさせません。

もちろん、男性も女性の妊娠について、”想像して寄り添う”ことは大事です。

でも、完全な理解って、きっと難しい。

だから、こういう新しい切り口のマンガで、少しでも相手の女性に寄り添えたら

女性の妊娠に対して少し優しい視点を持てるだろうし、

そのほうが、夫婦仲とか子育てとか、いろんなことがうまく回る気がします。ninshin2私も、「なぜ神様は、女性だけに産む能力を与えたんだろう?」とフシギに思います。

男女双方に、妊娠&出産の幸せ&リスクがあったなら、

いろんな社会問題が一気に解決しそうなものですもんね。

(別の問題もいっぱい出てきそうだけど)

そんなことを考えながら、このマンガを読みました。

「あったらいいな」な、興味深い世界です。

⇒「俺が産もうか?」と男性も言える社会が来る!?「ヒヤマケンタロウの妊娠」気になる立ち読みはこちら(無料eBookJapan)


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ