「ハッピーまりちゃん」みなしご少女が世界制覇する話【バレエ漫画】

【もう知ってる人は少ない?みなしご少女のバレエ漫画「ハッピーまりちゃん」小学生女子向け】

♥ライターちゆゆんです♥

『ハッピーまりちゃん』。

小学生のころ、私が憧れたキラキラ系バレエ漫画です。

バレリーナって、女の子が一度は憧れる職業ではないでしょうか?

私もこの漫画の影響で、バレエ教室へ足を運ぶことに・・・(笑)影響を受けやすいタチです。

 

主人公・「まりちゃん」は養護施設で育ちました。

「ほんとうのお母さんがいつか私を迎えにきてくれるんだわ・・・!」と門の前で待ち焦がれています。

で、ほんとにお母さんが迎えにきたんだけど、それが有名なバレリーナの「小石川真也(コイシカワ・マヤ)」だったんです。

 

ママみてほしい!ママ、美人すぎ!

たしかに、まりちゃんはすでにバレエの素質を生まれながら身につけていたんです。

並外れた跳躍力。

こういうつじつま合わせが少女マンガですね。

まりちゃんは、自分を捨てたママがバレリーナであることは知ってました。

でも、「違う・・・あたしのママじゃない!!」。

ほんとうのママの目の下にはホクロがあったのです。いっぽう、迎えに来た小石川真也には、ホクロがない・・・。

でも、どういうわけか、まりちゃんはそのバレリーナ・小石川真也のおうちに引き取られるんです。

「まりちゃん、おばさんの子になってくれない!」

えっ?この突拍子のなさがスキですが、唐突すぎて目が点です。

人違いと分かっていながら、いきなり養子?

この少女マンガ的展開、大好きです。

【おばさんのうちの子になったまりちゃん。バレエの才能開花!】

「ハッピーまりちゃん」の様なありえない展開、憧れますよね。

捨て子でツライ生い立ちの少女が、いきなり誰かに才能を見出され、覚醒!みたいなの。

私も体が柔軟だったので、「バレリーナになれるんじゃないか?」と本気で思ってました。

で、実際にバレエ教室へ申し込みに行くと、「足の形が向いてないので、残念ながら・・・」と入会を拒否されてしまったのです。

前途多難。でも私、友達にバレエを教わりました。

いつか才能を見出してくれる人が、この「まりちゃん」と同じように現れる!と信じて。

で、けっきょく誰も現れなかったし、なんの才能もありませんでしたけどね。

小学生ってホントにオバカです(笑)。

 

その話はどうでもいいんですが、

この「まりちゃん」が小石川真也(※赤の他人)の養子になった後で、「真理絵」という美少女が現れ、

「私がほんとうのママの子供なのよ!」と言い始める。

じっさい、バレエがめちゃくちゃ上手いんです、この真理絵ちゃん。

「だから、あたしこそが小石川のバレエの血を継ぐ子供なのよ!」と。

真理絵ちゃんはかなり性格に難アリで、まりちゃんの恋人と勝手に婚約したりして、

まりちゃんをあの手この手で傷つけようとします。

でもある日、真理絵ちゃんはじつは双子であることが発覚。

双子の片割れは、もしや、もしかしなくても、まりちゃん・・・!?

「まりちゃん&まりえちゃん」。二人とも名前も見た目もそっくりではありませんか!

なんというご都合展開。でもこういうのがイイんですよ。

才能が開花して、海外進出とかさらっとできちゃうあたり、THE・少女マンガって感じでステキです。

mari2

このハッピーまりちゃん、じつはシリーズ化されてます。

ほかに「ラブリーまりちゃん」、「ハーイまりちゃん」など、女児が喜びそうなラインナップが揃ってます。

ああ、また読み返したいなぁ・・・。当時のドキワク感、もう一度味わいたい!


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ