2016まんが大賞1位獲得!「ゴールデンカムイ」がイロイロ可愛い

manga-taisyou出典 http://www.mangataisho.com/

⇒大金を得るには、人間のヒフをいくつも剥ぎ取る必要がある・・・!「ゴールデンカムイ」無料立ち読みはeBookJapan

【久々の大物大作感!2016まんが大賞1位作品がカワイイ】

かわいい!だけど無骨でストレートな漫画「ゴールデンカムイ」。

何がカワイイかというと、登場人物の会話のやり取りがほんわかとしててイイのです。

アイヌの少女と元軍人の男との会話が、とくに萌えます。golden-kamui1「カネが欲しい!カネが要るんだ!」と、ある理由で大金を欲している

元軍人の主人公・「杉元」。

明治・二〇三高地の戦いのさなかに首に銃弾を受けたものの、

彼のあだ名である「不死身の杉元」のとおり、生還。

ゴールドラッシュに沸いている北海道へ向かい、埋蔵金の怪しいウワサを耳にし、

疑いながらも探っていたら、雪の中の死体の背に謎の彫り物を見つけ、

埋蔵金のウワサがホンモノだと確信します。

しかし、この宝の地図は実は何人分もの背中のヒフに分割されている・・・というオチ。

と、ここまで見ると「宝探し漫画かな?」と思ってしまうんですが、

この「ゴールデンカムイ」というマンガのスゴイところで、

宝探しのストーリーを軸にして、

あらゆるジャンルの要素を詰めてあるんですね。

殺人、お金、言語、自然、動植物、歴史、笑い・・・非常に幅広い。

だから、読む者を飽きさせませんし、スリリングです。先の読めない面白さ。

このマンガの舞台は北海道なんですが、当然ながら北海道の自然は厳しいです。

森の中で暮らすには、まず食べ物です。というわけで、食マンガの要素も強いです。

「食べ物が登場するマンガにハズレなし」というジンクス(?)がありますが、

まさにそれを地でいくマンガです。さすがマンガ大賞第1位作品!

⇒宝の地図は人間のヒフだった・・・!衝撃の設定、だけどギャグ寄り(笑)。「ゴールデンカムイ」立ち読みならeBookJapan(無料)

【チタタプ、ヒンナヒンナ・・・アイヌ語が頭に残る】

golden-kamui2上の表紙の女の子が、

杉元の窮地を救ってくれたアイヌの少女「アシㇼパ」(「ㇼ」は小文字。どう読むんだろう?)。

この子がめちゃくちゃ博識!そしてカワイイんです(*´ω`*)

杉元だって物知りです。だけど、物知りがゆえの自分への過信があって、

そういうのをビシバシ「アシㇼパ」ちゃんが叱り付けていく。

助けられまくりの不死身の杉元と、淡々と指導する精神的にオトナなアイヌ少女。

この関係、小気味いいです笑。

アイヌの人ってものすごく力強い人種、というイメージがありましたが、

「ゴールデンカムイ」を読んで、そのイメージがまた強くなりましたね。

なぜかって、やっぱり自然への畏敬の念が強く、それに調和して生きているから

しなやかなんでしょうね。人種的に。日本人とは気質がぜんぜん違う気がします。

途中、「アシㇼパ」ちゃんが杉元にアイヌ語を教えるシーンが出てきます。

まず、「チタタプ」というアイヌ料理(「プ」は小文字。これも読みがナゾ)。

チタタプは「我々が(チ)刻む(タタ)もの(プ)」という意味で、

小動物でも余すところなく食べられるよう、叩いて小さくしてナマで食べます。

脳みそや目玉もナマで・・・!ああ、恐ろしい。

恐ろしいけど、食への感謝の念は日本人よりよほど濃いですね。

それにしても、リスの目玉をナマで食べさせられる杉元の顔・・・笑。

また、「アシㇼパ」ちゃんは、食べ物への感謝の言葉を唱えながら食事するよう

杉元に要求しますが、そのコトバが「ヒンナ」。

杉元は「ヒンナヒンナ」と言いつつ北国の自然を頂くのでした。

(※リスの目玉もヒンナと言いつつ食べさせられてた)

さて、杉元は何人もの人の背中に彫られた埋蔵金地図を無事に獲得し、

大金を手にすることができるのでしょうか?

ただ、それまでにあまりにも紆余曲折が多いけど・・・笑。

⇒ギャグ要素も強くて面白いと話題の「ゴールデンカムイ」!「このマンガがすごい! 2016」2位も獲得。立ち読みはeBookJapanへ(無料)


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ