マンガ「鋼の錬金術」に、今頃ハマった理由gangan_hagaren

 

荒川弘「鋼の錬金術師」はまった、はまったドップリと

実は、連載中、アニメ1期、2期、まったく読んでいなかったし見てもいなかった。

1期のアニメをチラ見して、「あっ合わない」と思って、数か月まで読んでなかった。

はまったキッカケは、鋼の錬金術本作…

ではなく電子書籍の無料1話読みした北海道、畜産農家が実家の自叙伝マンガ「百姓貴族」にべたぼれしたからだ。

即、全巻購入。

久しぶりに、心の底から、笑って、考えて、牛乳飲むようになった傑作だった。

こんな面白い作品を書く人なら、他の作品も面白いはず、、

で、読み出したのが「鋼の錬金術師」だったのだ。

 

荒川弘「鋼の錬金術師」最終回まで全くブレがない

1話最終回につながっている。

それを自覚できる数少ない作品だ。

近頃の作品は、漫画に限らず、あらゆるものが人気が上がると、ストーリーが変化する。

キャラクターなど、人気次第で出番も、生死さえ変わっていく。

だが、この作品は、それがない。

実際は、荒川弘先生気に入ったから、出番が長くなったキャラもいたようだが人気があったというわけではない。

人気投票上位には入っていない。

そして、いたるところに、最終章への布石がちりばめられている。

これほど、何度も見比べた作品はなかった。

「あっ、この時に、このキャラが」「あっここが、ここにつながるのか」

そして、最後の決戦へとつながる。

これを月刊誌で、しかも、初連載でやってのけるなんて、、

さらに、荒川弘先生、連載当時、妊娠中、、でも、連載は休まない、、なんて作家だ

 

荒川弘「鋼の錬金術師」キャラクターがすさまじく魅力的

今まで、少女漫画、少年漫画、色々読みましたとも、、

これからも、読むでしょう。

ただ、これほど魅力的なキャラクターの結集した作品には二度とお目にかかれないだろう。

どんな作品でも「お気に入り」は存在する。

だが、この作品には「気にいらない」キャラクターが存在しない

主人公、その周りの人間はともかく敵キャラというものは、全員を好きになれないものだ。

なのに、どういう訳か、この作品はみんな好きになる。

七つの大罪の名を持つ、敵の魅力は母親の為に、自ら大罪を犯した兄弟達にも勝るとも劣らない

魅力的な主役だけでは、どんな物語も陳腐なものだが、これは、敵側からも見てほしい

いや、見てくれと言いたい日本漫画史、屈指の完成された名作だ。

一気に、読む価値はある。

だが睡眠不足になるのは、必須だと思ってほしい。


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ