伊藤潤二がマジメに描く!?漫画「フランケンシュタイン」fran1

⇒『伊藤潤二傑作集10: フランケンシュタイン』ファンの方はぜひ読んで欲しい!異色な伊藤順二作品はこちら(eBookJapan無料立ち読み)

【伊藤潤二に珍しい作風!マジメ?な「フランケンシュタイン」】

伊藤潤二ファンとして、

作風の変化にビックリしてしまった漫画「フランケンシュタイン」。

というより、「こんなマジメにも描けるんだ・・・!」というオドロキが強かったです。

シュールホラー専門の大御所作家さんだとばかり思ってたら、

原作にかなり忠実なフランケンシュタインを描かれていて、けっこう衝撃でした。

frankenstein出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

「フランケンシュタイン」って、じつはちゃんと読んだことがなくて、

私、ずっと上のツギハギ男=フランケンシュタインだと思い込んでたんです。

でもじつは「フランケンシュタイン=この男を作った科学者の名前」だった。

上のツギハギ男は、”名もなきおぞましい創造物”なんですね、

知らなかった・・・!

わたし、伊藤順二先生の作品だから、

きっとストーリー自体シュールホラーにアレンジしてあって、

ツッコミドコロ満載に仕上がっているんだと思ったんですよ。でも、違った!

もちろん、絵柄は「うずまき」系なので、劇画タッチでやっぱり面白いんだけど、

ふつうに長編名作の悲しきストーリーとして堪能できました。

ただ、ストーリーの筋がとおっているのに絵柄は伊藤潤二というあたりが

個人的にツボだったんですけどね・・・!(ほめことば)

⇒ラオウ並みに巨大!?伊藤潤二の描く「フランケンシュタイン」(eBookJapan無料立ち読みへ)

【伊藤潤二・恐怖漫画コレクションでも読めちゃう!フランケンシュタイン】

collection恐怖漫画コレクション16にも収録されている「フランケンシュタイン」。

この表紙のとおり、絵柄は完全に伊藤潤二ワールド全開です!

右端に顔色の悪い美青年がいますが、彼こそが科学者「フランケンシュタイン」です。

そして、包帯のバケモノが、名もなき創造物。

下手に高い知識を持つだけに、非常に気の毒な男です。

多くの人体パーツを組み合わせて作ってあるので、

妙にチグハグなBODYになってしまいます。

私の想像していたフランケンのバケモノといえば、

2メートル級の大男ってイメージなのですが、

伊藤潤二作品の中のバケモノは5メートルくらいのイメージでした(笑)。

しかもバケモノは、「自分と同じような姿の彼女が欲しい」などと無茶を言いますが、

フランケン博士が作るバケモノの彼女が

いかにも伊藤潤二的で、かなり見ものだったりします。

伊藤潤二先生にしては、かなりの長編だと感じました。

オチもなく、絵柄以外は本当に原作どおり!>ここがビックリ。

”伊藤潤二的エッセンス”がもっとも少ない歴史SF漫画「フランケンシュタイン」。

ぜひファンの方は読んで欲しいです^^

⇒顔の縦線が相変わらず多い(笑)!伊藤潤二の描くまじめな「フランケンシュタイン」を読みませんか?(eBookJapan)


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ