「君に届け」におけるピンとやのちんの今後が気になって仕方ない女たち 

君に届け23

【「君に届け」における2人の立ち位置】

映画化もされた大ヒット少女漫画「君に届け」

周囲に上手く溶け込めず、孤高の高校生活を送っていた黒沼爽子(通称:貞子)と、学校中の人気者 風早翔太との恋愛模様を描いた青春胸キュンストーリーです。

爽子ちゃんの思いが「君に届」いた今もなお連載中。

登場人物らは高校3年生になり、自分の進路と友人や恋人との今後で揺れ動きます。

爽子と風早、ちづと龍など主要人物たち間カップルの行方も気になるところですが、作中にずっとにおわせておいて未だ決定打のでていない2人がいます。

そう!爽子たちの担任:荒井一市(通称:ピン)と爽子とちづの親友である矢野あやね(通称:やのちん)の2人です。

序盤の方から2人のシーンというものはたびたび見られ、「え、くっつくの?どうなの?」と読者をやきもきさせてきました。

しかしピンも教師だし(そしてピンという男の本心はなかなか読めませんし)、やのちんは序盤にいた彼氏も含めるとその間3人も彼氏がいました。

しかし、やのちんが悩んでいる時はもれなくピンのカッコいいアドバイスが差し出され、普段クールに振る舞っているやのちんの心はその度に揺れ動いてい(るように見え)ます…

やのちん、ピン好きでしょ?違うの?

ここぞというシーンで必ず2人の名場面が出ていて読者的にはそろそろ…という頃合いではないでしょうか。

 

【ピンとやのちん 名場面勝手にBEST3】

3位 高2の学祭後の階段での2人のやり取り(コミックス11巻)

風早に失恋した女の子たちをなぐさめたやのちん。

自分のそれは計算で、本当に優しいのは爽子やちづの方だと語るやのちんに、「優しいねぇ」と髪クシャするピン。

2人っきりの時のピンの大人の男性感がたまらないワンシーンです。

2位 高3の学祭準備中、ピンのドラキュラメイクをするやのちんとピンのやり取り(コミック24巻)

志望校の悩みも解決し、文化祭の準備をする爽子たち。

やのちんはピンの仮装担当でドラキュラメイクを施します。

志望校を変えたことでもっと勉強を頑張らなければいけないやのちん。

でもそれまで悩んでいたことが解決したからかすがすがしい様子で決意をピンに語ります。

その間にかわされる2人の視線が!もう!教師と生徒ではない!のは気のせいでしょうか…

1位 土砂降りの中、びしょぬれで立ちつくすやのちんにコンビニのビニール袋をかぶせてピン魂の説教(コミックス23巻)

志望校を考えるうえで彼氏であるケントのことを何も考えていなかったことを指摘され、ケントと付き合い始めたことを後悔したやのちん。

雨の中コンビニ前で立ちつくしていると、出ました!いいところでピンの登場。

「あんたは後悔することなんてないんでしょ」というやのちんに、ピンの魂の説教がさく裂します。

たぶん、ここでやのちんの心に響くことを言えるのはピンだけではないでしょうか…。

「君に届け」の今後と2人の関係に注目!


スポンサード リンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ