漫画「珈琲いかがでしょう」~毒をはらんだリアルな人間の心の内

理想論かもしれない、だけど心に何処かしら響くマンガ

漫画「珈琲いかがでしょう」。キレイゴト漫画な側面もありつつ、

年齢を重ねるごとに、他人を信じられなくなったり、自分も嘘を塗り重ねてみたりで、

どんどん狡猾になっていく人間関係に嫌気がさして来たら

この漫画を読むのがいいかもしれません。

コナリミサトさんという作者さんの漫画が最近ツボです。疲れてるのかなぁ(笑)

ヒトの心の美しい面とキタナイ面を両方さらりと暴きながら、

ストーリーでも魅せてくれる漫画です。

ちょっと「笑ゥせぇるすまん」みたいなノリ?

キレイにまっすぐに生きていくことは難しい。

なので、周囲に合わせて染まっていったら、いつの間にか自分が自分らしく

なくなっていって、心が濁って不透明な人間に変貌していく・・・。

年齢とともに、そういう経験って誰もが一度や二度は体験しているハズです。

この「珈琲いかがでしょう」というマンガは、

いろんな街を点々と移動する謎の爽やか珈琲屋さんの男性が、

心や生き様の濁った人たちに丁寧なコーヒーを振舞うことで、

何らかの”気づき”をもたらしていく系の漫画。個人的には

「笑ゥせぇるすまん」の喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)=珈琲屋さん。

何か過去にいわくがありそうな掴みどころのない人物だけど、

ココロの闇の深い人々に、何らかの変化をもたらしていく。

喪黒 福造は罰を与える感じですが、この漫画のコーヒー屋さんは

福をもたらしていくタイプ。おとぎ話のようにホッコリしながら読めます。

「珈琲いかがでしょう」のざっくりなあらすじ

人当たりのいい移動式珈琲屋の男、青山くん。

見た目は爽やか。いつもニコニコで悟りを開いた仙人みたいなキャラです。

すごく丁寧に珈琲を淹れることで有名。時間も手間もかかるんだけど、

魔法のように疲れた人の心をほぐす味の珈琲を出しています。

その香りにふらっと吸い寄せられるように訪れるお客さん。

お客さんは、常に何らかの心の闇を抱えている。人生がうまくいかない、

仕事が遅い、人間関係がうまくいかない、恋愛がダメ・・・などなど。

そんな人が珈琲を口にするたびに、そのブレンドや淹れ方、ウンチクなどにより

自分のキモチの濁りや偏りみたいなものに気づいて、行動し、人生の転機を迎える・・・。

そんな短編集的なオハナシ。ですが、全体としては大きく繋がったストーリーです。

この青山くん、ちょっとキャラクターが出来すぎているんですが、

相当ブラックな過去を持っているようなのです。それが物語の途中で

徐々に明かされていきます。全3巻で完結。

ほのぼのな日常と、その裏側の悪意とか恐れとかを、軽いタッチで

描き出すのが特異な作者さんです。ファンになっちゃいました^^

⇒同じ作者さんの漫画「凪のお暇(いとま)」こっちもオススメ

⇒リアル系といえば東村アキコ先生の作品たち

 


スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

比較なんて面倒だ!という方は電子書籍の最大手「ebookjapan」にしておけば間違いなし!
「ほとんどの作品が無料試し読み可能」
「1冊づつ購入可能」
「お得なキャンペーンが多すぎ!」
「ポイントが貯まってまた買える!」
「マニアックな作品も多数あり!」
「雑誌、写真集、小説なんでもあり!」
って感じで初めて使う方でも、探している漫画がある方でも、このサイトだけで十分満足できちゃいます。 button_001
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ