「系統別作品」の記事一覧(2 / 35ページ目)

「進撃の巨人」TVアニメ2期のアノ人が「鎧の巨人」…カッコイイ!

男性向けマンガ アクション・バトル漫画 SF・ファンタジー漫画 ヒューマンドラマ メディア化した漫画 閲覧注意のマンガ バトルアニメ SFアニメ ハラハラドキドキしたい人 真剣に考えさせられたい人 アニメ・メディア マンガ・コミック 系統別作品 少年マンガ

「進撃の巨人」はTVアニメで観ています。シーズン3が待ち遠しくてたまらない! TVアニメ3期は、2018年8月から。ちなみに、 アマゾンプライムの進撃の巨人2期の評価は全員5つ星。これは快挙。 でもホント5つ星に納得でき・・・

読書感想!グローバル化している今だからこそ光る「国家の品格」

真剣に考えさせられたい人 系統別作品 2000年代

  【「国家の品格」とは?】 藤原正彦さんの著書「国家の品格」は骨太な書籍です。 タイトルから一見すると政治学者か国際法学者の方の作品かと思いますが、 藤原正彦さんは数学者。 とても意外な書籍タイトルであり、数・・・

「ばくおん!」主人公はゆるふわ系教習車(CB400系)乗り♪

スポーツ漫画 学園もの漫画 メディア化した漫画 青春・学園アニメ スポーツアニメ 笑いたい人 青春に浸りたい人 ほのぼのしたい人 アニメ・メディア マンガ・コミック 系統別作品 趣味マンガ

「けいおん!」や「ガルパン」似?女子バイク部物語! まんが「ばくおん!」。 女子高生がキャッキャウフフしながらバイク部を運営したり バイクの免許をとったり、バイクでツーリングしたり。 バイクに乗ってない人も、学園ものの「・・・

レビュー!立川恵「電脳少女Mink」が少女漫画として魅力的な理由

女性向けマンガ SF・ファンタジー漫画 恋愛マンガ 少女マンガ 青春に浸りたい人 マンガ・コミック 年代別 1990年代

  【電脳少女Minkのストーリーは?】 中学一年生の頃、私が多くの少女漫画に出会った時期に一番ハマったのが 立川恵先生の「電脳少女Mink」でした。   ごく普通の、ちょっとミーハーな女子中学生・白・・・

ネタバレ注意!マンガ「キューティクル探偵因幡」は髪の毛に注目

SF・ファンタジー漫画 ギャグ・コメディ漫画 サスペンス・ミステリー漫画 ファンタジーアニメ ミステリー・サスペンスアニメ 笑いたい人 ハラハラドキドキしたい人 アニメ・メディア マンガ・コミック 2000年代 少年マンガ

「キューティクル探偵因幡 あらすじ」 「キューティクル探偵因幡」の主人公・因幡洋は 人の髪の毛を食べるとどんな個人情報も読み取ってしまうという能力をもつ 探偵であり因幡探偵事務所の所長的存在である。 毛に異様なほどの執着・・・

ネタバレ注意!ジョジョの奇妙な冒険4部 殺人鬼「吉良吉影」の魅力

男性向けマンガ アクション・バトル漫画 サスペンス・ミステリー漫画 ミステリー・サスペンスアニメ ハラハラドキドキしたい人 アニメ・メディア マンガ・コミック 1990年代 少年マンガ

【吉良吉影の願い】 この吉良吉影、何が魅力的か、まず彼の願望がただ平穏に暮らしたいってことだ。 なんだこの願望は、、笑敵キャラにあるまじき平和主義者。 ただ彼は殺人欲求を制御する事が出来ないという点においては、 敵キャラ・・・

「約束のネバーランド」このマンガがすごい!2018オトコ編1位

アクション・バトル漫画 SF・ファンタジー漫画 サスペンス・ミステリー漫画 衝撃作品のマンガ 閲覧注意のマンガ ハラハラドキドキしたい人 真剣に考えさせられたい人 マンガ・コミック 系統別作品

”このマンガがすごい!2018”1位がほんとにスゴイ 「約束のネバーランド」(ジャンプ)という漫画が1位に選ばれたことで、 電子書籍で1巻が無料になってて試し読み。 ちょっとコレ、ほんとにスゴイ。 試し読み時点なのに、「・・・

漫画「珈琲いかがでしょう」~毒をはらんだリアルな人間の心の内

女性向けマンガ 恋愛マンガ ギャグ・コメディ漫画 ヒューマンドラマ 女性マンガ ほのぼのしたい人 ハラハラドキドキしたい人 真剣に考えさせられたい人 マンガ・コミック 系統別作品

理想論かもしれない、だけど心に何処かしら響くマンガ 漫画「珈琲いかがでしょう」。キレイゴト漫画な側面もありつつ、 年齢を重ねるごとに、他人を信じられなくなったり、自分も嘘を塗り重ねてみたりで、 どんどん狡猾になっていく人・・・

『万祝(まいわい)』望月峯太郎◆4巻で買うのやめちゃった漫画

男性向けマンガ アクション・バトル漫画 恋愛マンガ ギャグ・コメディ漫画 学園もの漫画 笑いたい人 青春に浸りたい人 ハラハラドキドキしたい人 マンガ・コミック 系統別作品 サブカルマンガ 青年マンガ

冒頭~数巻目までのワクワク感や目新しさはほかの追随を許さないほどなのに、 途中からなぜか読む気がなくなってしまった漫画、「万祝(まいわい)」。 あの望月峯太郎さんの作品で、今でも知られる一連の漫画が世に出た後、 しばらく・・・

ページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.