「ぼくんち」~サイバラ漫画の魅力炸裂!二太の黒目に宿る”狂気”

bokunchi1⇒文芸春秋漫画賞受賞作「ぼくんち」無料立ち読みへ

【西原理恵子さんの代表作「ぼくんち」はサラリとド底辺】

西原理恵子マンガ、「ぼくんち」。

この漫画は、壮絶な生い立ちと過去を持つ知人に勧められて読んだものです。

この知人が勧めてくれなかったら、私はこのマンガを読むことはなかったかもしれない。

苦労人であるその知人いわく、

「生きるのが辛かった自分には、この漫画はとてもリアル」だそう。

育った環境が、自身のそれと重なるんだそうです。

作者である西原理恵子さんも、自身の幼少期の育った環境をもとに

この「ぼくんち」を描かれたそうです。

このマンガは多くの人の心をうち、”文芸春秋漫画賞”を獲得。

ただ私には、この漫画の設定を、とても身近に感じることは出来なかった。

私は生まれ育ちにそれほどまで不自由がなく、

幼少時にものすごく苦労した覚えがないんですね(後天的な苦労は人並みに・・・?)

私はこの知人から、おそらくひどく憎まれていました。

理由は、「恵まれた家庭に育った人間特有の甘さを持っているから」

確かに私は、甘い人間だという自覚があります。

なので、苦労人であるその知人から、

そんなふうに言われてしまう気持ちも分からなくもない。

だけど、生まれ育ちなんて自分では選べないし、どうしようもないこと。

申し訳ないけど、その知人から向けられた憎しみに対して、

私には、何も言えることはありません・・・。(冷たい人間ですね、私)

⇒甘くない、だけどその分強い!心に響く「ぼくんち」を読む

【底辺の汚い町の中にある、ヒトの普遍的要素】

bokunchi2さて、世の中を斜めに見ている人にとって、

この「ぼくんち」という漫画は、ひどく心地よいもののようです。

暮らしとしては正直言ってド底辺(言い方が悪いですね、すみません)、

だけど残酷なほどに明るく素直な性格の二太が、この漫画の主人公です。

「ぼくんち」は、鬼ババのような母ちゃんと、

水商売の「かの子」姉ちゃんと、優しい「一太」兄ちゃん、

そしてボク(二太)、という家族構成です。

父ちゃんは冒頭から不在です。しかもこの兄弟3人、全員父親が違う。

3人の父親は蒸発したのか、どこかで野垂れ死んでいるのか、見当もつかない。

でも、それが当たり前の暮らしなんです。

だから、みんな明るい。

男たちは犯罪に巻き込まれて行方をくらますのが当たり前。

女は男に捨てられ、水商売にいくのが当たり前。

そんな田舎町のお話です。

不衛生で食べるものも少ないけど、

二太は淡々と自分の人生の状況を把握し、それを楽しんで生きています。

いつも笑ってる二太。

私は、この二太の笑顔に狂気を感じる。

なぜか、ものすごく怖い。人生の虚無をすべて見透かしているようなところが・・・。bokunchi3かつて蒸発していた、体を売る「かの子」姉ちゃんは、

いいにおいでキレイで優しい。

でも、ものすごく強い。雑草のようなしぶとさがあります。

西原理恵子さんて、こういう掃き溜めの中の無邪気さ

(こう表現してよいかどうか)を描くのが天才的に上手です。

最初読んだときは、かなりショッキングでした。絵はかなり書きなぐり系(?)、

だけど妙に味があって、続きを読まずにはいられませんでした。

自分には遠い設定の物語。なのに、この泥に埋もれたような暮らしの中に、

誰にでも共通する人の本質みたいなものを垣間見ることができる。

機会があれば、ぜひいろんな人に読んでみて欲しいです。

主人公・二太のフシアナのような黒目が、どこか恐怖です。

「じつは感情を持ってないのかも・・・?」と思いたくなる表情。

でも、たくましい。そして明るく強いんです。

小さなことに悩んでいる人にこそ読んで欲しいサイバラ漫画です。

⇒eBookJapanでサイバラ漫画の傑作「ぼくんち」を立ち読み(無料)!


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ